蜀犬 日に吠ゆ

2010-06-01

[][][][]微子第十八を読む(その8) 19:38 はてなブックマーク - 微子第十八を読む(その8) - 蜀犬 日に吠ゆ

周公、魯公に謂いて曰く

 微子第十八(461~471)

470 周公謂魯公曰。君子不施其親。不使大臣怨乎不以。故旧無大故。則不棄也。無求備於一人。

(訓)周公、魯公に謂いて曰く、君子は其の親を施(す)てず。大臣をして以(もち)いられざるを怨ましめず。故旧は大故なければ棄てざるなり。備わるを一人に求むることなかれ。

(新)周公がその子、魯公伯禽の赴任を前に訓戒した。お前は親族の者を無視してはならない。大臣たちに意見が用いられないという不満を起させてはならぬ。前から因縁ある者はよほどの理由がない限り、見棄ててはならぬ。ただ一人の人間に何もかも要求してはならない。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 確かに、一人の人間にあれもこれもと要求するハードルが高いと、その人を潰してしまいますよねえ。



周に八士あり

 微子第十八(461~471)

471 周有八士。伯達。伯适。仲突。仲忽。叔夜。叔夏。季随。季騧。

(訓)周に八士あり。伯達、伯适、仲突、仲忽、叔夜、叔夏、季随、季騧。

(新)周の一族に八人の立派な人がいた。その名は云云。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 「その名は云云。」宮崎先生、手抜きですか?

 これも孔子の歴史の講義の一節であろうが、筆記者がその説明を書き漏らした。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 ははは筆記されていたものが、論語編纂の時代には散逸してしまっていたた可能性もありますよ。根拠のない憶測ですが。宮崎先生はなにか根拠をお持ちなら、書いておいてもらいたかったです。



 以上で、学問を志すものが尊ぶ『論語』下論、多く聖賢の出処(仕えると仕えざると)を記し、すべて十一章ある「陽貨第十八」はおわる。