蜀犬 日に吠ゆ

2010-06-02

[][][]古今和歌集を読む 春歌上(その3) 20:54 はてなブックマーク - 古今和歌集を読む 春歌上(その3) - 蜀犬 日に吠ゆ

春歌上

題しらず   よみ人しらず

3 春霞たてるやいづこ み吉野の吉野の山に雪はふりつゝ

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 これは分かります。視点をだんだんと遠くにもってゆく歌いぶりですね。

3 一二霞が立っているのはどこだ。 五雪がふりふりして。一向春めいて来ない、という気持。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 「ふりふりして」というのは可笑しいけれど、「つゝ」の意を汲んで訳すために変な日本語になってしまうのでしょう。古典の解釈文にはよくあることであるわなあ。

 「立春だというのに雪が降って」云々というのは、星新一のエッセイで日本の報道の季節感はおかしい、「暦の上では秋だというのにこの暑さ」とかさんざっぱら悪態を吐いておいて涼しくなると一転「去りゆく夏を惜しむ」と転向する話がありましたが、古来よりの伝統芸なんですね。1「年の内に」もそうですが、人が決めたルールに言いがかりをつけるのが日本人の美意識、なのでしょう。小賢しいとはこのことです。

春歌上

二条のきさきの春のはじめの御うた

4 雪のうちに春はきにけり 鶯のこほれる涙いまやとくらん

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 またいいがかり系統? 「待花」に思いをはせる美意識は昔はなかったのかも知れません。鶯に心を巡らすも、まだ溶け始めたばかり、というぶんましな歌ではありますけれども。いや、まだましとかいっちゃいけないぜ。

4 二条のきさき―清和天皇の皇后。一雪のまだあるうちに。三四鶯でも、なけば涙が出るだろう。それが冬は凍っているだろう、と想像していう。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

春歌上

題しらず  読人しらず

5 梅がえにきゐる鶯 春かけて鳴けども いまだ雪ふりつゝ

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

5 一二梅の木の枝に来ている鶯。三四鳴き声に春をかけて、春だ春だというように鳴くけれども。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 初春ですから、雪の中。これは分かる。