蜀犬 日に吠ゆ

2010-06-09

[][][]葛覃(葛延びて)『周南』を読む(その4) 21:42 はてなブックマーク - 葛覃(葛延びて)『周南』を読む(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

 周南、第四歌。

4 樛木(しだり木)

1

南有樛木

葛藟纍之 liuei

樂只君子

福履綏之 siuei


南に樛木(きうぼく)あり

葛藟(かつるゐ)これを纍(まと)う

樂しき君子

福履(ふくり)これを綏(やす)んず


みんなみの しだり木に

つたかづら まとひたり

めでたしや よき人に

しあはせの やすらはむ


2

南有樛木

葛藟荒之 xuang

樂只君子

福履將之 tziang


南に樛木あり

葛藟これを荒(おほ)ふ

樂しき君子

福履これを將く


みんなみの しだり木に

つたかづら おほひたり

めでたしや よき人に

しあはせは いやまさむ


3

南有樛木

葛藟縈之 iueng

樂只君子

福履成之 zjieng


南に樛木あり

葛藟これを縈(めぐ)る

樂しき君子

福履これを成す


みんなみの しだり木に

つたかづら めぐりたり

めでたしや よき人に

しあはせは いやはてに

白川静『詩経国風』東洋文庫

主題 祝頌の歌。木の茂るさまを歌うのは祝頌の興であるが、特に寄生木(やどりぎ)や、また蔦葛の類がまとう姿は吉祥として喜ばれた。わが國にも、「あしひきの山の木末(こぬれ)の寄生(はよ)取りて插頭(かざ)しつらくは千年(ちとせ)壽(ほ)くとぞ」(萬葉、四一三六、大伴家持)のような歌があり、この詩も宴飲の際の祝頌の歌である。

白川静『詩経国風』東洋文庫

 「枯れ木も山の賑わい」といいますが、宿り木はおめでたいんですね。そういう感覚はあんまりないです。むしろ寄生された方の木が傷むのではないかと心配になってしまいますからね。