蜀犬 日に吠ゆ

2010-06-13

[][][][]子張第十九を読む(その12) 19:58 はてなブックマーク - 子張第十九を読む(その12) - 蜀犬 日に吠ゆ

其の父の臣と父の政を改めざる

 子張第十九(472~496)

489 曾子曰。吾聞諸夫子。孟荘子之孝也。其他可能也。其不改父之臣。与父之政。是難能也。

(訓)曾子曰く、吾れはこれを夫子に聞けり。孟荘子の孝や、其の他は能くすべきなり。其の父の臣と父の政を改めざるは、是れ能くし難きなり、と。

(新)曾子曰く、私は先生から聞いたことがある。孟荘子の孝行は有名だが、大ていのことは真似ができる。ただ父の使ってきた側近と、父のやってきた方針を改めることがなかったのは、真似のできぬ点だ。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 ふつう三年父の道を改むることなし以て冢宰に聴くこと三年の孝行は難しい、と解釈しますが、しかしそれが出来なければ君子ではないので、難しくてもやらなければなりません。

 むしろ私などは、夫子が「(オレは父親に早く死なれて)孝行をすることができなかったよ」と愚痴ったとかそういう話を捏造したい。