蜀犬 日に吠ゆ

2010-06-20

[][][][]子張第十九を読む(その19) 18:58 はてなブックマーク - 子張第十九を読む(その19) - 蜀犬 日に吠ゆ

君子は一言、以て知と為し、一言、以て不知と為す

 子張第十九(472~496)

496 陳子禽謂子貢曰。子為恭也。仲尼豈賢於子乎。子貢曰。君子一言以為知。一言以為不知。言不可不慎也。夫子之不可及也。猶天之不可不可階而升也。夫子之得邦家者。所謂立之斯立。道之斯行。綏之斯来。動之斯和。其生也栄。其死也哀。如之何。其可及也。

(訓)陳子禽、子貢に謂いて曰く、子は恭を為すなり。仲尼は豈に子よりも賢ならんや。子貢曰く、君子は一言、以て知と為し、一言、以て不知と為す。言は慎まざるべからざるなり。夫子の及ぶべからざるや、猶お天の階して升るべからざるがごときなり。夫子にして邦家を得たらんには、所謂る、これを立つれば斯に立ち、これを道(みちび)けば斯に行き、これを綏(やす)んずれば斯に来り、これを動かせば斯に和ぐ。其の生くるや栄(はえ)あり、其の死するや哀しまる。これを如何んぞ其れ及ぶべけんや。

(新)陳子禽が子貢に言った。貴方は謙遜すぎる。孔子でも貴方より賢いとは言えますまい。子貢曰く、貴殿はただの一言で知者と思われ、また愚者と思われることがありますから、言葉を慎んで頂きたい。先生がお偉かったことは、天の高さにあって梯子をかけて升って行くことができぬようなものでした。もしも先生が一国の政治を自由にする地位を得られたなら、古い言葉に、(人民を)立てようとすればすぐ立ち、導こうとすればすぐ行き、招こうとすればすぐ来る。動かそうとすればすぐ従う、人はみな生きて栄あり、死んでは悲しまれる、とある通りにされたに違いありません。どうして、到底他人の及ぶところではありません。

宮崎市定『現代語訳 論語』岩波現代文庫

 理想論。そこが子貢の魅力。


 以上で、学問を志すものが尊ぶ『論語』下論、皆弟子の言を記す。そして子夏が最も多く、子貢がこれに次いで登場し、孔子の門下では、顔子より以下には穎悟なること子貢に及ぶものはなく、曾子より以下には篤実なること子夏に及ぶものはないから特にこれを記すことが詳らかであるすべて二十五章ある「子張第十九」はおわる。