蜀犬 日に吠ゆ

2010-08-19

[][][]滑って転んでおおいたけん~~ジェイソン・グッドウィン『イスタンブールの群狼』ハヤカワ・ミステリ文庫 19:43 はてなブックマーク - 滑って転んでおおいたけん~~ジェイソン・グッドウィン『イスタンブールの群狼』ハヤカワ・ミステリ文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 ミステリを読まないことは、時間を有効に使う技術の一つであると信奉しているわたくし母里ですが、まあオスマントルコ改革期の1836年、イスタンブルで近衛新軍士官の惨殺死体が連続発見されるとなると食指が……

 事件は1926年に廃止されたイェニチェリに関わる、と主人公である白人宦官ヤシムは調査しますが、つぎつぎ起こる猟奇殺人や新キャラの連続投入や、たまのアクションシーンを読んでいて、これはミステリなんだろうかと疑問を持ちましたが、ちゃんとミステリ仕立てでした。で、最後のアクションはないのな。

 作者はオスマントルコの歴史家で、小説はこの作品が初めて。日本では佐藤賢一的な感じなのでしょうか。イスタンブルやイェニチェリ殲滅の顛末などに関する蘊蓄は、大変ためになりました。『血と砂』のような前線では、マムルークが幅をきかせていましたが、首都はまた異なる様子。あと、ヤシムが料理をすることや市場(バザル)の食べ物の話なども興味深く、謎解き云々よりもそちらが「ためになる」本であったと言えましょう。やっぱし、みんな飲んでるよなあ……アルコール飲料を。

http://katawareboshi01.g.hatena.ne.jp/mori-tahyoue/20090816/1250408898

http://katawareboshi01.g.hatena.ne.jp/mori-tahyoue/20090820/1250771299