蜀犬 日に吠ゆ

2010-08-23

[][][]古今和歌集を読む 秋歌上(その7) 19:31 はてなブックマーク - 古今和歌集を読む 秋歌上(その7) - 蜀犬 日に吠ゆ

秋歌上

   題しらず   よみ人しらず


184 このまよりもりくる月のかげ見れば 心づくしの秋はきにけり

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

184 二漏れてくる月の光 四物思いに気の尽きる。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 というわけで、ここからは「心づくしの秋」。


秋歌上


185 おほかたの秋くるからに 我が身こそ悲しきものと思ひ知りぬれ

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

185 一二世間一般の秋が来るとたんに。 三我が身をこそ。第五句に係る。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 一年中悲しく思ってもよさそうですが、秋が来るとそう思うらしいです。暇になるのでしょうか。


秋歌上


186 わがためにくる秋にしもあらなくに 虫の音きけばまづぞ悲しき

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

186 五私のために来た秋であるかのように、まっ先に悲しくなる。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 自然の法則と自分の心情が対等であるとアプリオリに断言できてしまうあたりがセカイ系なんですけれども、根は深そうですね。


秋歌上


187 物ごとに秋ぞかなしき もみぢつゝうつろひゆくを限りと思へば

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

187 五これが最後だと思うので。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 佐伯先生の注はどういうことでしょう。「限り」は何の最後のことなんでしょう。紅葉が散ってしまえばそれでおしまいだからなのか、それともよみ人が高齢で、こんどの冬はもう越せなそうなのでしょうか。この歌の文句では、ちょっと情景が思いうかびません。まあ誰か紅葉を見つつ悲しい顔をしているのでしょうけれども。


秋歌上


188 ひとり寝(ぬ)る床は草葉にあらねども 秋くるよひは露けかりけり

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

188 一~三待つ人が来ないひとり寝の床は、草葉ではないけれども。まるで草葉みたいに。 五涙に濡れることをいう。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 「露」は秋の季語。別に季語ルールはありませんが、いかにも秋らしい失恋の歌ですね。妻問婚の時代にぼんやり待っているというのは……。これは女性の立場からの歌なんですね。完全に誤解してました。