蜀犬 日に吠ゆ

2010-08-26

[][][]古今和歌集を読む 秋歌上(その10) 21:25 はてなブックマーク - 古今和歌集を読む 秋歌上(その10) - 蜀犬 日に吠ゆ

秋歌上

   月をよめる   在原元方


195 秋の夜の月の光しあかければ くらぶの山もこえぬべらなり

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

195 三あかるいから。 四五くらぶ山(→三九)だって越えてしまえそうだ。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 出かける気なんて無いくせに。みんな京都から離れたくないくせに、歌枕の地はばんばん出すんですよね。


秋歌上

   人のもとにまかれりける夜、きりぎりすの鳴きける

   をきゝてよめる   藤原たゞふさ


196 きりぎりすいたくな鳴きそ 秋の夜のながき思ひは我ぞまされる

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

196 きりぎりす―今のコオロギ。→一〇二〇。 二ひどく鳴いてくれるな。題詞と見合わせると、その家の主人が何か嘆きいうことがあったものか。 三四秋の夜のような長く尽きない物思い。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

(画像はいずれも『日本の生きもの図鑑』講談社 より)

 七夕、月と雁に引き続き秋の定番コオロギが登場。ホトトギス一辺倒だった夏とは、それは違うわけですよねえ。

 ただ、「今のコオロギ」とは言っても、コオロギ科の昆虫って多いのですよねえ。

日本の生きもの図鑑

日本の生きもの図鑑

 ちなみに、「キリギリス科」は、キリギリス他、ウマオイやクツワムシが所属する模様。ああおもしろい、虫の声。


秋歌上

   是貞のみこの家の歌合のうた   としゆきの朝臣


197 秋の夜のあくるも知らずなく虫は わがごと物やかなしかるらん

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

197 題詞→一八九。 一~三長い秋の夜を、鳴くことに没頭している様子をいう。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

 まあ初秋などというのは残暑で寝苦しいですからねえ。今年(H22)はとくにそうかも。うちの隣は藪藪ですので、虫の声は、もう確かに一晩中、という感覚ですよね。寝苦しくてうなっている間は非常に気になりますが、朝はもう静かになっている。これが夏の蝉と違う感覚ですね。


秋歌上

   題しらず   よみ人しらず


198 秋萩も色づきぬれば きりぎりす わがねぬごとや夜はかなしき

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫

198 一二萩の葉も色づいて秋が深くなったので。 四五私が悲しく寝られないように、お前も夜は悲しいのか。

佐伯梅友校注『古今和歌集』岩波文庫