蜀犬 日に吠ゆ

2010-09-30

[][][]孫子を読む 謀攻篇(その4) 19:54 はてなブックマーク - 孫子を読む 謀攻篇(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

君の軍に患うる所以の者には三あり

謀攻篇

夫將者國之輔也、輔周則國必強、輔隙則國必弱、故君之所以患於軍者三、不知軍之不可以進、而謂之進、不知軍之不可以退、而謂之退、是謂縻軍、不知三軍之事、而同三軍之政者、則軍士惑矣、不知三軍之權、而同三軍之任、而同三軍之任、則軍士疑矣、三軍既惑且疑、則諸侯之難至矣、是謂亂軍引勝、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-29

[][][]正史を疑う~~みなもと太郎 大塚英志『まんが学特講』角川学芸出版 20:22 はてなブックマーク - 正史を疑う~~みなもと太郎 大塚英志『まんが学特講』角川学芸出版 - 蜀犬 日に吠ゆ

 大塚英志が正史と位置づける「トキワ荘・二十四年組史観」で語られないまんがの部分に光を当てる試み。

(敬称略)

 まあ基本は「貸本劇画」とか、「社会・時代背景」をトキワ荘史観と対応させる、ということなんですけれども。なにせ2800円なので買う決心までに紆余曲折ありましたよ。高ェんだよ! 生意気なんだよ!

続きを読む

[][][]孫子を読む 謀攻篇(その3) 19:54 はてなブックマーク - 孫子を読む 謀攻篇(その3) - 蜀犬 日に吠ゆ

小敵の堅は大敵の擒なり

謀攻篇

故用兵之法、十則圍之、五則攻之、倍則分之、敵則能戰之、少則能逃之、不若則能避之、故小敵之堅、大敵之擒也、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-28

[][][]孫子を読む 謀攻篇(その2) 20:01 はてなブックマーク - 孫子を読む 謀攻篇(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

其の下は城を攻む

謀攻篇

故上兵伐謀、其次伐交、其次伐兵、其下攻城、攻城之法、爲不得已、修櫓轒轀、具器械、三月而後成、距闉又三月而後已、將不勝其忿、而蟻附之、殺士三分之一、而城不拔者、此攻之災也、故善用兵者、屈人之兵、而非戰也、而非攻也、毀人之國、而非久也、必以全爭於天下、所兵不頓、而利可然、此謀攻之法也、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-27

[][][]孫子を読む 謀攻篇(その1) 20:42 はてなブックマーク - 孫子を読む 謀攻篇(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり

謀攻篇

孫子曰、凡用兵之法、全國爲上、破國次之、全軍爲上、破軍次之、全旅爲上、破旅次之、全卒爲上、破卒次之、全伍爲上、破伍次之、是故百戰百勝、非善之善者也、不戰而屈人之兵、善之善者也、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-26

[][][]孫子を読む 作戰篇(その4) 20:48 はてなブックマーク - 孫子を読む 作戰篇(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず

作戰篇

故兵貴勝、不貴久、故知兵之將、生民之司命、國家安危之主也、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-25

[][][]孫子を読む 作戰篇(その3) 19:37 はてなブックマーク - 孫子を読む 作戰篇(その3) - 蜀犬 日に吠ゆ

敵を殺す者は怒

作戰篇

故殺敵者怒也、取敵之利者貨也、故車戰得車十乗已上、賞其先得者、而更其旌旗、車雜而乗之、卒善而養之、是謂勝敵而強

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-24

[][][]孫子を読む 作戰篇(その2) 19:30 はてなブックマーク - 孫子を読む 作戰篇(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

兵は

作戰篇

善用兵者、役不再籍、糧不三載、取用於國、因糧於敵、故軍食可足也、國之貧於師者遠輸、遠輸則百姓貧、近於師者貴賣、貴賣則百姓財竭、財竭則急於丘役、力屈財殫中原、内虛於家、百姓之費、十去其七、公家之費、破車罷馬、甲冑矢弩、戟楯蔽櫓、丘牛大車、十去其六、故智將務食於敵、食敵一鍾、當吾二十鍾、芑心秆一石、當吾二十石

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 「芑心」はこれで一字。読みは「き」で、豆がらの意。

続きを読む

2010-09-23

[][][]孫子を読む 作戰篇(その1) 19:43 はてなブックマーク - 孫子を読む 作戰篇(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

兵は拙速なるを聞くも、未だ巧久しいなるを賭ざるなり

作戰篇

孫子曰、凡用兵之法、馳車千駟、革車千乗、帶甲十萬、千里饋糧、則内外之費、賓客之用、膠漆之材、車甲之奉、日費千金、然後十萬之師擧矣、其用戰也、勝久則鈍兵挫鋭、攻城則力屈、久暴師則國用不足、夫鈍兵挫鋭、屈力殫貨、則諸侯乗其弊而起、雖有善其後矣、故兵聞拙速、未賭巧之久也、夫兵久而國利者、未之有也、故不盡知用兵之害者、則不能盡知用兵之利也、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-22

[][][]孫子を読む 計篇(その4) 20:00 はてなブックマーク - 孫子を読む 計篇(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

未だ戦わずして廟算して勝つ者

計篇

夫未戰而廟算勝者、得算多也、未戰而廟算不勝者、得算少也、多算勝、少算不勝、而況於無算乎、吾以此觀之、勝負見矣、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-21

[][]叛臣とは簒奪者~~橋本治『双調 平家物語』1 中公文庫(その2) 19:42 はてなブックマーク - 叛臣とは簒奪者~~橋本治『双調 平家物語』1 中公文庫(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 序の巻、すなわち安禄山を超えました! 物語は、いよいよ「飛鳥の巻」へ

続きを読む

[][][]孫子を読む 計篇(その3) 20:00 はてなブックマーク - 孫子を読む 計篇(その3) - 蜀犬 日に吠ゆ

兵とは詭道なり

計篇

兵者詭道也、故能而示之不能、用而示之不用、近而示之遠、遠而示之近、利而誘之、亂而取之、實而備之、強而避之、怒而撓之、卑而驕之、佚而勞之、親而離之、攻其無備、出其不意、此兵家之勝、不可先傳也

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-20

[][][]影武者ダルリアッドのマイダー~~サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫(その1) 21:22 はてなブックマーク - 影武者ダルリアッドのマイダー~~サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

 ラパー裏表紙より

およそ2000年前のスコットランド。奴隷の剣闘士フィドルスは、不当に王位を追われ盲目にされたダルリアッド族の王マイダーの替え玉として雇われる。士族の運命をかけた戦いのなかで、フィドルスはシダイニ「王」になってゆく。

サトクリフ『王のしるし』上 岩波少年文庫

 替え玉だとなんだか受験のずるみたいでスケールが小さい。影武者でいきたいですよね、ここは。

王のしるし(上) (岩波少年文庫)

王のしるし(上) (岩波少年文庫)

続きを読む

[][][]孫子を読む 計篇(その2) 20:51 はてなブックマーク - 孫子を読む 計篇(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

将 吾が計を聴くときは、これを用うれば必らず勝つ

計篇

將聽吾計、用之必勝、留之、將不聽吾計、用之必敗、去之、計利以聽、乃爲之勢、以佐其外、勢者因利而制權也、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-19

[]ゆっくり読む本を選ぶ。 22:34 はてなブックマーク - ゆっくり読む本を選ぶ。 - 蜀犬 日に吠ゆ

 じゃあ、すこし孫子でもよみますかね。ジャンルは「儒教」です。わたしは儒の徒であり、兵家ではないから、あくまで儒の立場から読みます。


[][][]孫子を読む 計篇(その1) 22:34 はてなブックマーク - 孫子を読む 計篇(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

兵は国の大事

計篇

孫子曰、兵者國之大事、死生之地、存亡之道、不可不察也、故經之以五事、校之以計、而索其情、一曰道、二曰天、三曰地、四曰將、五曰法、道者令民與上同意也、故可以與之死、可以與之生、而不畏危、天者陰陽寒暑時制也、地者遠近險易廣狹死生也、將者智信仁勇嚴也、法者曲制官道主用也、凡此五者、將莫不聞、知之者勝、不知者不勝、故校之以計、而索其情、曰主孰有道、將孰有能、天地孰得、法令孰行、兵衆孰強、士卒孰練、賞罰孰明、吾以此知勝負矣、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

続きを読む

2010-09-18

[]昔読んだ本を読み返すことについて 21:56 はてなブックマーク - 昔読んだ本を読み返すことについて - 蜀犬 日に吠ゆ

 つらつら

続きを読む

[][]リタ・ジョンスン『スヌーピーと生きる』朝日文庫 22:03 はてなブックマーク - リタ・ジョンスン『スヌーピーと生きる』朝日文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 わたしの『ピーナッツ』は、基本的には講談社+αなので、時系列とか時代状況との対比とかそういうのは全然分からないのですよね。まあ『ドーナツ』も同じですけど。

続きを読む

[][][]橋本治『恋の花詞集』ちくま文庫 22:26 はてなブックマーク - 橋本治『恋の花詞集』ちくま文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 歌謡曲。興味ありました。で、いま読み返すとそれがしみじみ分かる。

恋の花詞集―歌謡曲が輝いていた時 (ちくま文庫)

恋の花詞集―歌謡曲が輝いていた時 (ちくま文庫)

続きを読む

[][]岡田英弘『日本史の誕生』ちくま文庫 17:24 はてなブックマーク - 岡田英弘『日本史の誕生』ちくま文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 岡田氏の、邪馬台国あたりから日本書紀成立あたりの論考をまとめた文庫本。1970年代頃でしょうか、なんべんも同じことを、あちこちで繰り返し発表していたのですねえ。

 また最近奈良県桜井市の「纒向(まきむく)遺跡」発掘あたりから「歴史ロマン」が吹きおこっていますが、岡田氏の努力は実らなかったのです。

続きを読む

2010-09-14

[][]歩くことと考えること~~武田泰淳『目まいのする散歩』中公文庫 20:51 はてなブックマーク - 歩くことと考えること~~武田泰淳『目まいのする散歩』中公文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 歩きながら考えるときに、語ること。

目まいのする散歩 (中公文庫)

目まいのする散歩 (中公文庫)

続きを読む

[][][]第三の新人~~阿川弘之『論語知らずの論語読み』講談社文芸文庫 20:19 はてなブックマーク - 第三の新人~~阿川弘之『論語知らずの論語読み』講談社文芸文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 オビ(ハカマ)に

論語を

ダシに

奇人変人

作家仲間を

独特の

文章で綴る

名随筆。

阿川弘之『論語知らずの論語読み』講談社文芸文庫

 そして、巻末解説が高島俊男先生で案の定の悪口! 大変おもしろく読ませていただきました。

論語知らずの論語読み (講談社文芸文庫)

論語知らずの論語読み (講談社文芸文庫)

続きを読む

2010-09-13

[][]いしいひさいち『ドーナツブックス36 クローン猫』双葉社 20:40 はてなブックマーク - いしいひさいち『ドーナツブックス36 クローン猫』双葉社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 とりあえず、とりあえず今しなければならないことは、私がどの『ドーナツ・ブックス』を所持しているか、ということなのです。

続きを読む

2010-09-12

[][]島本和彦『アオイホノオ』4 小学館 21:19 はてなブックマーク - 島本和彦『アオイホノオ』4 小学館 - 蜀犬 日に吠ゆ

アオイホノオ (4) (少年サンデーコミックススペシャル)

アオイホノオ (4) (少年サンデーコミックススペシャル)

続きを読む

[][]島本和彦『アオイホノオ』3 小学館 21:19 はてなブックマーク - 島本和彦『アオイホノオ』3 小学館 - 蜀犬 日に吠ゆ

アオイホノオ 3 (少年サンデーコミックススペシャル)

アオイホノオ 3 (少年サンデーコミックススペシャル)

 こっちも買いました。

続きを読む

[][]島本和彦『ワンダービット』1,2,3 MF文庫 20:54 はてなブックマーク - 島本和彦『ワンダービット』1,2,3 MF文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 めっけました。買いました。

続きを読む

2010-09-07

[][]なあんですって?~~埴谷雄高『死霊』123 講談社文芸文庫 16:50 はてなブックマーク - なあんですって?~~埴谷雄高『死霊』123 講談社文芸文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 『死霊(しれい)』を読んでいて、なんだか以前に読んだ記憶とだいぶ違うので、内容を全然理解していなかったのだなあ、と思ったのです。文庫本第一巻あたりはまあまあよかったのですが、二巻に進んだらとたんに混乱してしまいました。このへん単行本で読み、文庫版でも読み返した、はず、なのに。

続きを読む

[][][]孟子を読む 梁惠王章句下(その1) 16:16 はてなブックマーク - 孟子を読む 梁惠王章句下(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

王百姓と楽を同じくせば、則ち王たらん

梁惠王章句下 凡十六章

莊暴見孟子曰、暴見於王、王語暴以好樂、暴未有以對也、曰、好樂何如、孟子曰、王之好樂甚、則齊國其庶幾乎、他日見於王曰、王嘗語莊子以好樂、有諸、王變乎色曰、寡人非能好先王之樂也、直好世俗之樂耳、曰、王之好樂甚、則齊其庶幾乎、今之樂猶古之樂也、曰、可得聴與、曰、獨樂樂、與人樂樂、孰樂、曰、不若與人、曰、與少樂樂、與衆樂樂、孰樂、曰、不若與衆、臣請爲王言樂、今王鼓樂於此、百姓聞王鍾鼓之聲、管籥之音、擧疾首蹙頞而相告曰、吾王之好鼓樂、夫何使我至於此極也、父子不相見、兄弟妻子離散、今王田獵於此、百姓聞王車馬之音、見羽旄之美、擧疾首蹙頞而相告曰、吾王之好田獵、夫何使我至於此極也、父子不相見、兄弟妻子離散、此無他、不與民同樂也、今王鼓樂於此、百姓聞王鍾鼓之聲、管籥之音、擧欣欣然有喜色而相告曰、吾王庶幾無疾病與、何以能鼓樂也、今王田獵於此、百姓聞王車馬之音、見羽旄之美、擧欣欣然有喜色而相告曰、吾王庶幾無疾病與、何以能田獵也、此無他、與民同樂也、今王與百姓同樂、則王矣、

小林勝人訳注『孟子』上 岩波文庫

続きを読む

2010-09-05

[][]森博嗣『小説家という職業』集英社新書 16:06 はてなブックマーク - 森博嗣『小説家という職業』集英社新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

小説家という職業 (集英社新書)

小説家という職業 (集英社新書)


[][][]孟子を読む 梁惠王章句上(その11) 15:46 はてなブックマーク - 孟子を読む 梁惠王章句上(その11) - 蜀犬 日に吠ゆ

またまちがえて消してしまった。

梁惠王章句上 凡七章

 

小林勝人訳注『孟子』上 岩波文庫

続きを読む

2010-09-04

[][]いしいひさいち『大問題’10』東京創元社 22:27 はてなブックマーク - いしいひさいち『大問題’10』東京創元社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 『大問題』最新刊。'10と銘打っていますが、実際には'09の時事ネタ漫画。年末に出したほうがいいと思うのですがねえ。

続きを読む

2010-09-03

[][]首猛夫はくびったけ~~埴谷雄高『死霊』1 講談社文芸文庫 19:30 はてなブックマーク - 首猛夫はくびったけ~~埴谷雄高『死霊』1 講談社文芸文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 暑いので背筋も凍るような話でしのごうとする。

 悪意と深淵の間に彷徨いつつ

 宇宙のごとく

 私語する死霊達

埴谷雄高『死霊』1 講談社文芸文庫

続きを読む

2010-09-01

[][][]孟子を読む 梁惠王章句上(その10) 20:44 はてなブックマーク - 孟子を読む 梁惠王章句上(その10) - 蜀犬 日に吠ゆ

木に縁りて魚を求む

梁惠王章句上 凡七章

抑王與甲兵、危士臣、搆怨於諸侯、然後快於心與、王曰、否、吾何快於是、將以求吾所大欲也、曰、王之所大欲、可得聞與、王笑而不言、曰、爲肥甘不足於口與、輕煖不足於體與、抑爲采色不足視於目與、聲音不足聽於耳與、便嬖不足使令於前與、王之諸臣、皆足以供之、而王豈爲是哉、曰、否、吾不爲是也、曰、然則王之所大欲可知已、欲辟土地、朝秦楚、莅中國、而撫四夷也、以若所爲、求若所欲、猶緣木而求魚也、王曰、若是其甚與、曰、殆有甚焉、緣木求魚、雖不得魚、無後災、以若所爲、求若所欲、盡心力而爲之、後必有災、曰、可得聞與、曰、鄒人與楚人戰、則王以爲孰勝、曰、楚人勝、曰、然則小固不可以敵大、寡固不可以敵衆、弱固不可以敵彊、海内之地、方千里者九、齊集有其一、以一服八、何以異於鄒敵楚哉、蓋亦反其本矣、今王發政施仁、使天下仕者、皆欲立於王之朝、耕者皆欲耕於王之野、商賈皆欲藏於王之市、行旅皆欲出於王之塗、天下之欲疾其君者、皆欲赴愬於王、其若是、孰能禦之、

小林勝人訳注『孟子』上 岩波文庫

続きを読む