蜀犬 日に吠ゆ

2010-09-04

[][]いしいひさいち『大問題’10』東京創元社 22:27 はてなブックマーク - いしいひさいち『大問題’10』東京創元社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 『大問題』最新刊。'10と銘打っていますが、実際には'09の時事ネタ漫画。年末に出したほうがいいと思うのですがねえ。

 いやあ、一作目から中川アル中問題で、微苦笑といいますか、この人タブーないなあ、と改めて感心しました。

政治

 安倍さん、麻生さん、東国原さん、鳩山さん、小沢さん。政治の世界はギャグキャラだらけ。どちらかというと菅さん谷垣さんは取り扱いが穏便で、もっと個性を発揮してもらいたいところです。


経済

 桝添さん、似てねえ。これは後述。


国際

「わが党とわが人民の偉大なる領導者様」はあいかわらずですなあ。後継者はこんなにいろいろやってくれるか心配です。

 オバマ氏も漫画だと元気が無く、ヒラリー国務長官が目立ちます。まあビル&ヒラリーが偉大すぎたのでしょうね。こちらも今後に期待。いしい先生はプーチン描きませんね。エリツィンはお気に入りだった御様子ですが、面白味に欠けるのか、あるいは外交では手腕を見せないから描かないのか分かりません。

 インフルエンザ・パンデミックも国債ですか。まあメキシコばっかりでしたね、被害は。今後は、毎年どこかの地域でパンデミックになり、毎年防疫で大騒ぎする事になるのでしょうか。昔の伝染病が夏祭りの起源になったように、インフルエンザが冬祭りの起源になるかもです。


社会

 三作品しか収録がない。「地上波アナログ」「就職難」「テポドン」。『大問題』は単行本未収録作品なので収録が偏るんですよねえ。こういう多方面にわたって活躍する人の作品って、追いかけにくいものがあります。『ドーナツ・ブックス』や『双葉いしいひさいち文庫』も、テンデバラバラですからねえ。


スポーツ

 こちらも少ない。 


なぜなぜマーくんとしょせんそんなもんだとうさん

 PNN の男キャスター(?)に似たとうさんが、『ののちゃん』でいうところの久保くんの質問に答える6篇。もうとりあえず、「ひどいこと言えばいい」的な会話が笑えます。

 参考として、PNN の男キャスターを掲げておきます。久保アナなのでしょうか。久保くんは、この系譜につながる顔だったんですね。



 ↑というわけでこれが桝添さん。わからんよねえ。

 読んでいて驚いたのは、過去の時事ネタ漫画なのに、現代をきっちりと表現しているこのコマ。2009年であれば「そんなこともあるかもねぇ」ですませていたであろう話題が、現代ではもう笑うしかない現実として突きつけられているわけです。その分野に詳しい人にとっては「なにをいまさら」ということなのでしょうけれど、私は、こんなに全国に、それこそ「莫大」にある事例だとは思っていなかったので、報道に驚き、そしていしい先生の漫画を読んで二度驚きました。

 逆に、いままでギャグマンガとして読んでいたあんな馬鹿げたこと、こんな突拍子もないことも、私が知らないだけで現実なのかも知れないんですよね。こわいよなあ

大問題’10 (創元ライブラリ)

大問題’10 (創元ライブラリ)

大問題’08の感想