蜀犬 日に吠ゆ

2010-09-22

[][][]孫子を読む 計篇(その4) 20:00 はてなブックマーク - 孫子を読む 計篇(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

未だ戦わずして廟算して勝つ者

計篇

夫未戰而廟算勝者、得算多也、未戰而廟算不勝者、得算少也、多算勝、少算不勝、而況於無算乎、吾以此觀之、勝負見矣、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 夫れ未だ戦わずして廟算して勝つ者は、算を得ること多ければなり。未だ戦わずして廟算して勝たざる者は、算を得ること少なければなり。算多きは勝ち、算少なきは勝たず。而るを況んや算なきに於いておや。吾れ此れを以てこれを観るに、勝負見(あら)わる。


 一体、開戦の前にすでに宗廟(おたまや)で目算して勝つというのは、(五事七計に従って考えた結果、)その勝ちめが多いからのことである。開戦の前にすでに宗廟で目算して勝てないというのは、(五事七計に従って考えた結果、)その勝ちめが少ないからのことである。勝ちめが多ければ勝つが、勝ちめが少なければ勝てないのであるから、まして勝ちめが全く無いというのではなおさらである。わたしは以上の(廟算という)ことで観察して、勝敗をはっきり知るのである。

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 「ここまで行けば勝ち」という大目標に対して、第一段階、第二段階という少目標を設定し、実践の前によく吟味しておくということでしょう。それなしに「とりあえず」で戦端を開いても、それは戦争とすらよべないものになってしまいます。

 国家間ではなくとも、個人個人のレベルでも十分気をつけなければならないことではあります。

孫子 (1963年) (岩波文庫)

孫子 (1963年) (岩波文庫)