蜀犬 日に吠ゆ

2010-09-26

[][][]孫子を読む 作戰篇(その4) 20:48 はてなブックマーク - 孫子を読む 作戰篇(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず

作戰篇

故兵貴勝、不貴久、故知兵之將、生民之司命、國家安危之主也、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 故に兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず。故に兵を知るの将は、民の司命、国家安危の主なり。


 以上のようなわけで、戦争は勝利を第一とするが、長びくのはよくない。以上のようなわけで、戦争(の利害)をわきまえた将軍は、人民の生死の運命を握るものであり、国家の安危を決する主宰者である。

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 戦争は国の大事です。戦争に負ければ、国が滅ぶ。それはそうなのですが、じゃあ戦争に勝てば国が栄え、民が潤うのかといえばそうでもないわけで、そういういみでは孫子はものごとの片面しか説明しない。そして、どうやらそのことに自覚的であるようですね。

孫子 (1963年) (岩波文庫)

孫子 (1963年) (岩波文庫)