蜀犬 日に吠ゆ

2010-09-29

[][][]正史を疑う~~みなもと太郎 大塚英志『まんが学特講』角川学芸出版 20:22 はてなブックマーク - 正史を疑う~~みなもと太郎 大塚英志『まんが学特講』角川学芸出版 - 蜀犬 日に吠ゆ

 大塚英志が正史と位置づける「トキワ荘・二十四年組史観」で語られないまんがの部分に光を当てる試み。

(敬称略)

 まあ基本は「貸本劇画」とか、「社会・時代背景」をトキワ荘史観と対応させる、ということなんですけれども。なにせ2800円なので買う決心までに紆余曲折ありましたよ。高ェんだよ! 生意気なんだよ!

 話の大部分が、みなもと太郎と大塚英志の知識のすりあわせなので、もっと突っこんだ話をしろ! ともどかしいのです。これは「まんが学概説」から必要だと思いました。

 あと、「正史」どっぷりのわたしは劇画・少女漫画に関してはほぼ知識がないため、文脈を読み取るのが非常にむずかしい。これは、三遍くらい読み返さなければなりませんね。


 手塚漫画とアニメの世代ギャップが興味深いというか、みなもと太郎は「手塚漫画のコマ割りが動いて見えて、白黒アトムは動かないアニメ」と認識し、大塚英志は「白黒アトムが動いて見えて、動くようなコマ割りができない」。うーむ。たしかに、『まんが道』の二人は「新宝島」が映画みたいに動いていましたが、わたしの認識はどうでしょう。ドラえもんをアニメのドラえもんのように動かして認識しているのでしょうか。自分のことなのによく分からない。

まんが学特講  目からウロコの戦後まんが史

まんが学特講 目からウロコの戦後まんが史