蜀犬 日に吠ゆ

2010-10-01

[][][]孫子を読む 謀攻篇(その5) 20:24 はてなブックマーク - 孫子を読む 謀攻篇(その5) - 蜀犬 日に吠ゆ

彼れを知りて己れを知れば、百戦して殆うからず

謀攻篇

故知勝有五、知可以戰、與不可以戰者勝、識衆寡之用者勝、上下同欲者勝、以虞待不虞者勝、將能而君不御者勝、此五者知勝之道也、故曰、知彼知己者、百戰不殆、不知彼而知己、一勝一負、不知彼不知己、每戰必殆

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 故に勝を知るに五あり。戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。衆寡の用を識る者は勝つ。上下の欲を同じうする者は勝つ。虞を以て不虞を待つ者は勝つ。将の能にして君の御せざる者は勝つ。此の五者は勝を知るの道なり。故に曰わく、彼れを知りて己れを知れば、百戦して殆(あや)うからず。彼れを知らずして己れを知れば、一勝一負す。彼れを知らず己れを知らざれば、戦う毎に必らず殆うし。


 そこで、勝利を知るためには五つのことがある。(第一には)戦ってよいときと戦ってはいけないときとをわっきまえていれば勝ち、(第二には)大軍と小勢とのそれぞれの用い方を知っておれば勝ち、(第三には)上下の人々心を合わせていれば勝ち、(第四には)よく準備を整えて油断しているものに当たれば勝ち、(第五には)将軍が有能で主君が干渉しなければ勝つ。これら五つのことが勝利を知るための方法である。だから、「敵情を知って身方の事情も知っておれば、百たび戦っても危険がなく、敵情を知らないで身方の事情を知っていれば、勝ったり負けたりし、敵情を知らず身方の事情も知らないのでは、戦うたびにきまって危険だ」といわれるのである。

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫