蜀犬 日に吠ゆ

2010-10-06

[][][]三田村鳶魚『大衆小説評判記』桃源社(その2) 22:42 はてなブックマーク - 三田村鳶魚『大衆小説評判記』桃源社(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 講談社の生きのこり戦略に関する記述が面白いのでここに引き写しておきます。

はしがき

 大衆小説というものは、今から数年前に、雄弁会が「講談倶楽部」を出して、講談の筆記を載せていたのでしたが、

三田村鳶魚『大衆小説評判記』桃源社
はしがき

 大衆小説というものは、今から数年前に、雄弁会が「講談倶楽部」を出して、講談の筆記を載せていたのでしたが、そのうち講釈師と衝突して、雄弁会には講談の筆記を載せさせないことに仲間で相談をきめたことがありました。その時に雄弁会が困って、思いきってやさしく通俗的に、講釈種のようなものを小説に書いて貰う、ということを始めた。中には講釈の筆記をやっていた人なども、別な註文のわかり易い小説というものを書き出した。それが案外な当りを取って余所の社でもそれをやるようになり、講釈風なものだけではまだいけないというので、活動の模様を取入れたものに仕立てて、それが大はやりになって、遂に現在の情況に到った。講談から化けたものであるけれども、昔あった実録小説――これは講釈師の使う丸本というものから出たので、講釈師がしゃべる大体を書付けたものが基になっている。それと今日の大衆小説とは、活動模様が入っているといないとの違いではなく、その外に違ったものを持っている筈であります。

三田村鳶魚『大衆小説評判記』桃源社

 講談にしても、大正昭和には聞き手のレベルに合わせて「近代化」した内容を語っていたでしょうから、大衆小説作家のことばかりあげつらうのはやや言いがかりの気味があり、三田村鳶魚先生もそれを承知していたはずなのに、小説ばかりコテンパン、というのは、昭和初期にはもう講談の凋落が始まっていたということでいいのでしょうかね。講釈師は、もはや叩くにすら値しなくなった、と。

 雄辯会と講釈師が喧嘩別れして、結局生き残ったのは興行師ではなく出版界ですからね。陳寿の『三国志』より『演義』が人気を博するのは文脈が違うかもしれませんが、とにかく時代に合うものが正義であって、学問的な正しさは、顧みられないのが文学の正当なのだと思います。

 そういう中で高島節をよろこぶ自分は少数派だなあ、と思いますし時代についていけるのかものすごく不安です。


[][][]三田村鳶魚『大衆小説評判記』桃源社 22:23 はてなブックマーク - 三田村鳶魚『大衆小説評判記』桃源社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 高島俊男先生大推薦の『大衆小説評判記』を読んでみたのですが、ほとんど理解できません。

むだ書き

心持よく読んでいるものを、何の彼のと知ったか振に出るでもあるまい。だが馬鹿にされているのをご存じないのかと思えば、人の事でも腹が立つ。まして臆面もないあの書き方、知らなさ加減を超越した大衆小説、昔はなかった批評家というものさえある今日この頃、あの出鱈目作者が空々しく大家の文豪のと云われて通用するのを、だアまって見ているお目出度さ、お目出度とは馬鹿の異称、書くのも馬鹿なら、読むのも馬鹿。大人気もなく腹を立つのは勿論馬鹿、あれも馬鹿なら、これも馬鹿、皆バカの義経、教経どんに追掛けられはしまいし、ても偖も大衆文芸評判記などと、飛んでもないこと飛んでもないこと。


  昭和八年その月その日

    菊の鉢を廊下に並べて

      鳶魚幽人箋

三田村鳶魚『大衆小説評判記』桃源社
大衆文芸評判記 (1972年)

大衆文芸評判記 (1972年)

 この本の成り立ちは高島俊男の本に書かれていたので知っていました。

江戸博士怒る

 わが国の大衆文芸は、大正の末、関東大災の直後ごろから、爆発的に隆盛期をむかえた。その大部分は、江戸時代に舞台をとった時代小説である。

 ところがその時代小説が、どれもこれも乱暴至極なものであった。なにしろ江戸時代のことなんかなんいも知らない作者が大正昭和の感覚で書きたい放題を書くのだから、その時代にはあり得ないことがゾロゾロ出てくる。

 もっとも読者のほうもなんにも知らないのだからおたがいさまで、どんなデタラメを書いてあろうがちっとも気づかず、よろこんで読んでいるのだからそれでいいようなものだが、多少もののわかった人が見ると、いかにも疑問の点が多い。

 そこで雑誌『日本及日本人』から江戸時代博士に、ちょっと見てくださいと依頼があり、鳶魚先生こころみに代表的なものをのぞいてみたら、もう毎ページ毎行まちがいだらけ、あまりのひどさにあきれかえった。

 ついてはそれをということで、大佛次郎の『赤穂浪士』を手はじめに、土師清二『青頭巾』、直木三十五『南国太平記』……と順にやって行った。読みながら「こんなバカなことがあるか」と批評すると柴田宵曲が書きとってまとめる。結局昭和六年から十四年まで八年間に、計十八篇に筆誅をくわえた。当時評判の作はたいがいマナイタにのせられてコテンパンにやっつけられている。中里介山の『大菩薩峠』、吉川英治『宮本武蔵』、それに大衆文芸と呼ぶのはちょっとかわいそうだが島崎藤村『夜明け前』等々。

 それがのちにまとめられて、本二冊になったのである。

高島俊男『広辞苑の神話』文春文庫
広辞苑の神話 (文春文庫)

広辞苑の神話 (文春文庫)

 小生*1入手したのは前編に当たる『大衆文芸……』のほう。今年の正月の古本市で見つけたので800円でホクホク買ってきました。しかし、そもそも元の本を読んでいないのではそれをけなす本を読んでも面白くなかろうなあ、と思って久しく積ん読だったのです。で、まあ、久しぶりに本棚で見かけたので読んでみましたが、やはりけなされている方を読んでいないのでイマイチ何を言っているのか分かりません。鳶魚先生も鳶魚先生であんまり本文を引用してくれないままにケチをつけ、また正解も書いてくれない。

大仏次郎の『赤穂浪士』

作者はこの「退出」という言葉を知らない。他に書替える言葉はいくらもある。これは音羽の護国寺へ行って、そうして帰られたのを「退出」といったのだけれども、「退出」という言葉を知らないから、こんなことを書いたので、芝居や浄瑠璃にも、将軍が退出したということを書いたものは曽て見ない。といったら、作者は何とかいうかも知れないが、そのまえに浄瑠璃なり、脚本なりを少々見たら、何と書くべきものかわかるだろうと思う。

三田村鳶魚『大衆小説評判記』桃源社

 それを、知りたい。浄瑠璃なり脚本なりは、わたしにはハードルが高い。


 しかし、大佛次郎『赤穂浪士』長谷川伸『紅蝙蝠』吉川英治『鳴門秘帖』子母澤寛『国定忠治』あたりがコテンパンなら、もう時代小説全滅でしょう…… まあ実際全滅です。時代小説とは過去に仮託して現代を描くものなのですから。例えば教育現場の人間が学園ドラマのあらをいちいち指摘しても、しゃあないのではないでしょうか。警察の人が見る刑事ドラマとか、医者の診る医療ドラマとかね。馬鹿じゃなかろうかと思いながらサラリーマンが『島耕作』読んでる気持ち。エンターテインメントとは、間違っていることと見つけたり。

 でも、意地悪な気持ちから検証サイトを見るように、こういう本が発行されることに、知性の健全さを感じる、それは全然矛盾ではないと思います。


 あと、読みはじめて違和感があったのですが、この本は戦後なので「新字新かな」なんですね。「曽て」などという表記には、わたしも新字新かな世代ですけど違和感がありますね。「曾て」がいい。大佛次郎にしても、大仏じゃあ奈良だの鎌倉あたりの見世物みたいに見えてしまいます。


[][]結局経済学はわからない~~小塩隆士『高校生のための経済学入門』ちくま新書 20:37 はてなブックマーク - 結局経済学はわからない~~小塩隆士『高校生のための経済学入門』ちくま新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 数式の出てこない経済学の、知識はあるのです。需要と供給曲線からなる市場メカニズムとか、セイの一般法則とか、ケインズの有効需要理論とかね。

 ですから、この本に書いてあることはだいたい理解できました。しかしそれでも、経済学というものの形が見えてこないんですよね。当然、数式やれ、ということになるのでしょうけれども。

高校生のための経済学入門 (ちくま新書)

高校生のための経済学入門 (ちくま新書)

 猫猫先生が「経済の論なら優秀な人がよってたかってやっているわけだから、結論は出るはずなのであり、もし出ないとしたらそれは経済学が役に立たない」というのにも一理あって、結局経済学は統一された理論なり研究原則なりがまだないのでしょう。アダムスミスなどの古典派にしても、ケインズ以降の近代経済にしても他の学問に比べるとどうしても日が浅い領域ですからね。



[][][]孫子を読む 形篇(その4) 19:34 はてなブックマーク - 孫子を読む 形篇(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

地は度を生じ、度は量を生じ

形篇

兵法、一曰度、二曰量、三曰數、四曰稱、五曰勝、地生度、度生量、量生數、數生稱、稱生勝、故勝兵者若以鎰稱銖、敗兵若以銖稱鎰、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 兵法は、一に曰わく度(たく)、二に曰わく量、三に曰わく数、四に曰わく称、五に曰わく勝。地は度を生じ、度は量を生じ、量は数を生じ、数は称を生じ、称は勝を生ず。故に勝兵は鎰を以て銖を称(はか)るが若く、敗兵は銖を以て鎰を称るが若し。


 兵法では(五つの大切なことがある。)第一には度――ものさしではかること――、第二には量――ますめではかること――、第三には数――数えはかること――、第四には称――くらべはかること――、第五には勝――勝敗を考えること――である。(戦場の)土地について(その広さや距離を考える)度という問題が起こり、度の結果について(投入すべき物量を考える)量という問題が起こり、量の結果について(動員すべき兵数を考える)数という問題が起こり、数の結果について(敵身方の能力をはかり考える)称という問題が起こり、称の結果について(勝敗を考える)勝という問題が起こる。そこで、勝利の軍は(こうした五段階を熟慮して十分の勝算を持っているから、)重い鎰の目方で軽い銖の目方に比べるよう(に優勢)であるが、敗軍では軽い銖の目方で重い鎰の目方に比べるよう(に劣勢)である。

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 本文短いのに、解説は長いですねえ。

 あと、そういえばわたし『魏武注孫子』持っているのでした。全十三章の中でもう四章まで来てしまいましたが、適宜引くこともあろうかと思います。

曹操注解 孫子の兵法 (朝日文庫)

曹操注解 孫子の兵法 (朝日文庫)

*1:高島節がうつっとる