蜀犬 日に吠ゆ

2010-10-09

[][][]正史を疑う~~みなもと太郎 大塚英志『まんが学特講』角川学芸出版(その2) 20:53 はてなブックマーク - 正史を疑う~~みなもと太郎 大塚英志『まんが学特講』角川学芸出版(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 もうすこし速度を落として読み返してみます。

はじめに

ぼくにとっての「トキワ荘史観」とは手塚治虫に始まったまんが史が石森章太郎らトキワ荘グループによって発達展開し、それを少女漫画領域で「文学」化していったのが萩尾望都たち「二十四年組」である、と乱暴に要約しうるものだ。

みなもと 大塚『まんが学特講』角川学芸出版

 わたしはF信者なので「石森ら」に躓くところはありますが、まあいいでしょう。でもこれはおそらく、「ストーリー漫画」の系譜でしかたどれない、そこで「劇画」「貸本」あたりからそれを補完しようとする「みなもと史観」が登場するのだと思います。

 しかし、わたしにとって、補完してほしいのはもっと別の部分。

 それは、正史における「横山光輝の位置づけ」なのです。『まんが道』には全然登場しない、マルさんやカベさんのエピソードともまったくリンクしない横山光輝、サラリーマン雑誌でいわゆるオトナ漫画を描いていたお兄さんというのは、一体全体どこから出てきてどこへ去ったのでしょう。それは、孤高の存在であったのか、それとも手塚山脈とは異なる連峰を擁するのでしょうか。

 近所の漫画屋さんに、なんとなく『作品集・解説』的なものはあるのですが、手塚、藤子、石森、赤塚の研究書クラスのオーラを感じないので読む気が湧いてこないのですよね。しかし、ここには現代漫画の重要な史料があります。

 みなもとさん、ショタコンの話題で触れるくらい。しかも脚注をこれでもかと入れつつ、横山光輝は註なし、ってどういうこと?

小沢さとるも岸本修も横山光輝を抜けなかったのは、「少年の色気」の一点で遅れをとっていたからだと思う。小沢さとるの「丹下左膳」の白黒の世界なんてため息でるくらいきれいだけれど。横山光輝とかは瞳が妙な色気を発してるんだよね。うまいとか下手とか以前の問題で。

――そう。なんで、ぐっとくるのかわからないけどいい。

 わからないでしょ。俺らでさえ、「ショタコン」という言葉が出た時に「ああ、やっぱり正太郎クンの色気かぁ」とおもったからね。どうしようもないよ。

みなもと 大塚『まんが学特講』角川学芸出版

 たしかに、小沢さとるは絵柄が横山光輝っぽいんですよね。(あと、小沢さとるにも註がない。失礼だと思う。画像は小沢さとる「八番勝負」より伊賀丸。)では、こういう画風の一団がいたのでしょうか、トキワ荘集団(つまり手塚組)のように。そういう部分の分析は、これから必要になると思います。まんが学特講劇画編、パロディ編としてみなもと先生は十分と思いますが、まんが学徳講、もっと多彩な視点をばんばん必要としますよ。

まんが学特講  目からウロコの戦後まんが史

まんが学特講 目からウロコの戦後まんが史