蜀犬 日に吠ゆ

2010-10-13

[][][]孫子を読む 勢篇(その6) 16:33 はてなブックマーク - 孫子を読む 勢篇(その6) - 蜀犬 日に吠ゆ

勢に求めて人に責めず

勢篇

故善戰者、求之於勢、不責於人、故能擇人而任勢、任勢者、其戰人也、如轉木石、木石之性、安則靜、危則動、方則止、圓則行、故善戰人之勢、如轉圓石於千仞之山者、勢也、

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 故に善く戦う者は、これを勢に求めて人に責(もと)めず、故に善く人を択びて勢に任ぜしむ。勢に任ずる者は、其の人を戦わしむるや木石を転ずるが如し。木石の性は、安ければ則ち静かに、危うければ則ち動き、方なれば則ち止まり、円なれば則ち行く。故に善く人を戦わしむるの勢い、円石を千仞の山に転ずるが如くなる者は、勢なり。


 そこで、戦いに巧みな人は、戦いの勢いによって勝利を得ようとして、人材に頼ろうとはしない。だから、うまく(種々の長所を備えた)人々を選び出して、勢いのままにさせることができるのである。勢いのままにまかせる人が兵士を戦わせるありさまは、木や石をころがすようなものである。木や石の性質は、(平坦な処に)安置しておけば静かであるが傾斜した処では動き出し、方形であればじっとしているが、丸ければ走り出す。そこで、巧みに兵士を戦わせたその勢いが、千仞の高い山から丸い石をころがしたほどになるのが、戦いの勢いというものである。

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

魏武注                   

勢篇

曹操 総合的な組織力を引き出す術策をもった人物ならば、將軍として指揮権をまかせてよろしい。將軍は、武士である以上に組織指導者の資質と責任が要求されるからである。一人や二人の勇猛の士の個人技に決して頼らないというのは、臨機応変の全面的な戦術変更を優先する場合、自分の個人技を主張したがる武士たちは作戦上の撤退を拒否したり、かえって指揮の妨げになるからである。

中島悟史『曹操注解 孫子の兵法』朝日文庫

 曹操が美髯公にご執心で、劉備軍二枚看板の燕人トラヒゲには興味をもたないのは、こういう事情もあるのでしょうか。

 しかし、「勇猛の士の個人技」というのは士卒に大きな影響力を与え、指揮能力を大きく左右します。野球選手が、ホームラン王の監督のいうことであれば素直に聞くようなものですね。それでなくても山本五十六元帥の「やってみせ…」のように、兵を動かすということは理窟ではないものですからね。(上杉鷹山でしたっけ?)


 「千仞の山」は「万丈の山」とどっちが高いのか、と気になるのは「箱根八里」のせいですね。