蜀犬 日に吠ゆ

2010-10-13

[][]和田誠『装丁物語』白水Uブックス 19:52 はてなブックマーク - 和田誠『装丁物語』白水Uブックス - 蜀犬 日に吠ゆ

 和田誠さんに違和感があります。イラストレイターとして著名なこと、挿絵や装丁の作品にすぐれたものが多いことは承知しているのですが、つい、「なんで和田誠なんだろう? 真鍋さんじゃなにがいけないんだろう」とか思ってしまうのです。

 「きまぐれ星のメモ」「地球からきた男」など、角川文庫で見かけるぶんには、まあそういうこともあるだろうと思っていたのですが、新潮文庫で見るとね、なんとも。「ほらふき男爵現代の冒険」とかね。いや、カヴァーイラストも、中の挿絵も、すごくいいんですよ。でも……

 という疑問が、解決。

装丁物語 (白水uブックス)

装丁物語 (白水uブックス)

 今あげたタイトルの中で、『ごたごた気流』『きまぐれ博物誌』は星新一さんの本です。星さんの本の装丁も割合多くて、ある種コンビ的な部分もあります。星さんとのコンビというと、本当は真鍋博さんですけど。

 昔「ディズニーの国」という雑誌があって、ディズニー・プロとタイアップでディズニー漫画を中心に載せていたんだけど、編集長が児童文学の今江祥智さんだったので、輸入ものばかりじゃ面白くないとオリジナルの部分も充実させていたんです。岡本喜八監督に映画の話を書いてもらったり。今江さんの依頼でその雑誌に星さんは初めて児童向けのショートショートを書いた。ぼくが挿絵を描きました。それがきっかけで、ぼくは星さんに、ぼくの自費出版絵本のためのオリジナル・ショートショートをお願いしたんです。六四年の話。その時が初対面でそれからのおつきあいなんですが、そのあたりから星さんも意識して子ども向けのショートショートを書くようになりました。そっち方面の挿絵はぼくが依頼される。大人向きのショートショートはそれ以前からずっと真鍋さんが担当してる、とそんな感じ。

和田誠『装丁物語』白水Uブックス

 ということは、むしろ和田氏は星さんの芸風を広げるきっかけをつくったともいえるわけで、そういう意味では違和感を感じるどころではなくてむしろ恩人なのでした。内心ケチをつけたりしてたいへん申し訳ありませんでした。