蜀犬 日に吠ゆ

2010-10-30

[][][]孫子を読む 虚實篇(その7) 15:23 はてなブックマーク - 孫子を読む 虚實篇(その7) - 蜀犬 日に吠ゆ

虚實篇

夫兵形象水、水之形、避高而趨下、兵之形、避實而撃虚、水因地而制流、兵因敵而制勝、故兵無常勢、水無常形、能因敵變化而取勝者、謂之神、(故五行無常勝、四時無常位、日有短長、月有死生、)

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫

 夫れ兵の形は水に象る。水の行は高きを避けて下(ひく)きに趨(おもむ)く。兵の形は実を避けて虚を撃つ。水は地に因りて流れを制し、兵は敵に因りて勝を制す。故に兵に常勢なく、水に常形なし。能く敵に因りて変化して勝を取る者、これを神という。(故に五行に常勝なく、四時に常位なく、日に短長あり、月に死生あり。)


 そもそ軍の形は水の形のようなものである。水の流れは高いところを避けて低い所へと走るが、(そのように)軍の形も敵の備えをした実の所を避けてすきのある虚の所を攻撃する。水は地形のままに従って流れを定めるが、(そのように)軍も敵情のままに従って勝利を決する。だから、軍にはきまった勢いというものが無く、水にはきまった形というものが無い。うまく敵情のままに従って勝利をかちとることのできるのが、(はかり知れない)神妙というものである。(そこで、木・火・土・金・水の五行の五行にもいつでも勝つというものは無く、春・夏・秋・冬の四季にもいつでも止まっているというものは無く、日の出る間にも長短があり、月にも満ち欠けがある。)

金谷治訳注『孫子』 岩波文庫