蜀犬 日に吠ゆ

2010-11-12

[][]あずかるは日本語~~高島俊男『お言葉ですが…』11 連合出版(その2) 20:51 はてなブックマーク - あずかるは日本語~~高島俊男『お言葉ですが…』11 連合出版(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 「預」という文字の話。私はずっと無知蒙昧でした。

お言葉ですが…第11巻

お言葉ですが…第11巻

 「預言者」と「予言者」の違いについて。

紅万年筆と預かり言葉

 ①まず清代の漢訳が「預言」であり日本語はそれを借用したにすぎないこと。これは本欄でもたびたび言つた。逆に言えば「預言者」という日本訳語が古代ヘブル語の「ナービー」から直接導かれたものの如くに言うのは詐言である。

 ②「豫言」と「預言」と「予言」とはどうちがうのか、あるいはちがわないのか。これが一番ごちゃごちゃしているようだ。

 ③日本語の「預ける」「預かる」にあたる外国語はないこと。それを「預言」とは古代ヘブル語で「神の言を預かる」の意であり、預かった者を預言者と言った、の如く説明するのは、訳文の用字を無理にも通用させようとのゴマカシである。

 ④預金って、何だろう。この語、いつからあるのだろう。このごはほんとに「預レ金」という動賓構造(動詞とその目的語)の語なのか。そうだとすれば「金ヲ預ク」なのか「金ヲ預カル」なのか。どっちでもけっこう、なんてズボラはないよね。金の方向が逆だもの。

 ⑤広辞苑はいつからおかしくなったのか。比較的よい辞書は?

高島俊男『お言葉ですが…』11 連合出版

 まあ⑤は冗談でしょうね。『お言葉ですが……』には「広辞苑の神話」がありますし、新村出が『廣辭苑』を出せなくて泣いた話も書いてるわけですから。


 しかし、「預言者」は「予言者」 ではない、というのは遠藤周作や山本七平も言っていて、戦後キリスト教の一種常識的にあつかわれてきたようです。私も、沢山の人にこう言うことをいってしまったなあ。申し訳ないことをしました。


 そうしたら、はてなキーワードの「預言者」には詳細な反論もあり。

 しかし、反論は弱くないでしょうか。「預」の字に、「あずかる」の意味を載せた漢語を探し出すべきであって、ヘブライ語だのギリシア語だのはこの際関係ないはず。第一、同じ Prophet に1と2とを設けて訳している時点で、共通する意味があると考えるべきでした。反省。



[][]石ノ森章太郎『トキワ荘の春』清流出版 20:29 はてなブックマーク - 石ノ森章太郎『トキワ荘の春』清流出版 - 蜀犬 日に吠ゆ

 石ノ森章太郎の自伝(の一部)。もはや「愛知り」が駄法螺ワールドに突入してしまったので、きちんと史実もおさえておかなければならないかなあ。

 『愛知り』的立場で言うと…

転の巻

光と翳と TOKIWASO TWILIGHT

 笑わないでネ。と、ある夜、隣に寝ていた姉が話し出した。

 ××さんが好きなの。トキワ荘の、仲間の一人だった。

 冗談じゃないヨ。病気なんだから。

 弟が冷たく言った。病気を癒すのが先ず……というつもりだった。

 姉が泣き出した。

石ノ森章太郎『トキワ荘の春』清流出版

 これは……Fだね。間違いなく。

 『愛知り』だとああいうエピソードを見せられているので勘違いされがちですが、Fにもロマンスエピソードがあったはずだ! はずだ!

 いや、美男の赤塚かなあ……


トキワ荘…… 青春の仲間たちをご紹介します

 この章をよむと、『愛知り』に何が描いてないのかが分かります。

  • 寺田ヒロオさん
  • 藤子不二雄さん
  • 鈴木伸一さん
  • 森安直哉さん
  • つのだじろうさん
  • 園山俊二さん
  • 赤塚不二夫さん
  • 横田徳男さん
  • 長谷邦夫さん
  • 水野英子さん

 水野英子さんは四カ月しかトキワ荘にいなかったのか…… あと、赤塚氏にトキワ荘誘ってもらったわりに後ろの方へまわしたのは、赤塚派閥ゆえか?

 安孫子氏は別に嫌いだから『愛知り』世界への参加を拒むのではなくて、自分の青春の中核を描きだしたくて『愛知り』の世界をフィクションで構成しはじめたのでしょう。トキワ荘の史実がきちんと検証されているからこその駄法螺なのであり、理想世界なのだと思います。『まんが道』の頃にそういう意図があったかどうかは分かりません(『まんが道』も事実に反する記述が多い。劇画大介とか)が、今はもう完全にノリだけで描いている気がしてなりません。


[]ドラクエⅧ(その28) 21:33 はてなブックマーク - ドラクエⅧ(その28) - 蜀犬 日に吠ゆ

 50時間169分 海辺の教会 

 フロドLv33 ヤンガスLv32 ククールLv31 ゼシカLv32

Grandmission ドルマゲスを追え!

  • カジノをめざす。