蜀犬 日に吠ゆ

2011-01-23

[][]J.シュミッツ 鎌田三平訳『惑星カレスの魔女』新潮文庫 20:37 はてなブックマーク - J.シュミッツ 鎌田三平訳『惑星カレスの魔女』新潮文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 本棚を探って話の内容を忘れたものを読み返す、これぞ「本棚忍法魔界転生」。

惑星カレスの魔女 (新潮文庫)

惑星カレスの魔女 (新潮文庫)

 新潮文庫版というのがもうねえ……

 ニッケルダペイン共和国の商業宇宙船をあやつるパウサート船長が、はじめてカレスの魔女(ウィッチ)たちに出会ったのは、惑星ポーラマでの夜のことだった。

J.シュミッツ 鎌田三平訳『惑星カレスの魔女』新潮文庫

 うわぁ……。SFの冒頭って、こうだから困ります。もうこの第一文で、知らない固有名詞があたりまえのように出てきて、作者がそれを読者に説明するつもりのないことがわかる。


 たとえば、『猫のゆりかご』なんかだと、冒頭はこうなります。

1 世界が終末をむかえた日

 私をジョーナと呼んでいただこう。両親はそう呼んだ。というか、ほぼそのように呼んだ。両親は私をジョンと名づけたのである。

 ジョーナ――ジョン――かりに元の名がサムであったとしても、

カート・ヴォネガット・ジュニア 伊藤典夫訳『猫のゆりかご』ハヤカワ文庫

 云々。

 このあと、独自の「ボコノン教」の用語に基づいた自己紹介が続き、それが結局小説全体の伏線になっていくわけです。SFという異世界へ読者を誘い入れるのにこういう手法ならわかるんですよ。

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)


 ハイ・ファンタジーである『指輪物語』にしても、まず序章で「ホビットについて」とグダグダ異世界の情報を提示して、ホビットだのドワーフだの「中つ国」だのというものの存在を提示してゆくわけでしょう?


 しかし、いきなり「ニッケルダペイン共和国」の「商業宇宙船」をあやつるパウサート船長が、はじめて「カレスの魔女(ウィッチ)たち」に出会ったのは、「惑星ポーラマ」での夜のことだった。

 ハードル高い! 若いころなら勢いで読める本が、歳を取るとこうしていろいろ気に障るというのが、もう自分自身を悲しまざるを得ません。「もちろん、今は読みませんが」ではなくて、「今は読めない」になってしまっているのでしょうか?

惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)

惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)