蜀犬 日に吠ゆ

2011-01-25

[][]J.シュミッツ 鎌田三平訳『惑星カレスの魔女』新潮文庫(その2) 19:44 はてなブックマーク - J.シュミッツ 鎌田三平訳『惑星カレスの魔女』新潮文庫(その2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 

惑星カレスの魔女 (新潮文庫)

惑星カレスの魔女 (新潮文庫)

 読んでるうちに思い出してきた。途中で、「うわぁ……」的な設定が明らかになって、前に呼んだときに一挙に覚めてしまったシーンがあるのですが、今回も「面白い面白い」と読み進めてちゃんと「うわぁ……」となりましたよ。

  • THE WITCHES OF KARRES
    • パウサート船長が惑星ポーラマで、虐待される女奴隷を救い、買いとってやる。
    • 惑星カレス出身のマリーンは、あと二人の妹もどこかに売られたと明かす。
    • 行きがかり上、船長はザ・リーウィットとゴスも引き取り、惑星カレスを目指す。
    • 三人の少女は実は魔女で、気位が高く、常識がない。魔法で宝石を泥棒して平気な顔をしている。
      • 「いったいぜんたい(グレート・パサムズ・セブンス・ヘル)、こいつはどういうことだね?」パサムって、だれだろう。
    • 船長の宇宙船ベンチャー号は魔女たちによっていろいろ危地に陥るが、彼女たちの「シーウォッシュ・ドライブ」、超空間的航法で切りぬける。
    • カレス星に到着して魔女を家族の元に返し、パウサート船長も故郷ニッケルダペイン共和国へ帰る。
    • 恋人イリーヤとその夫(になっていた)ラポート議員、イリーヤの父アンズウッド議員らの画策で借金を返すことはできず、逃亡者となる。
    • 密航していたゴスの「シーウォッシュ・ドライブ」で、船長は追跡を逃れる。
    • ゴスの説明で、パウサート船長もカレス星の魔女たちと同じようにクラサ・エネルギーとともにあることがわかる。
    • 惑星カレスは、住民たちの力で星ごと移動。
    • 船長とゴスはウルデューン星で交易して今後の方針を立てることとする。
    • メガイアの人食(という異星人?)を撃退しつつ、ウルデューン星へ。