蜀犬 日に吠ゆ

2011-04-16

[][][][]子路の秘密~~関山和夫『落語名人伝』白水Uブックス 20:45 はてなブックマーク - 子路の秘密~~関山和夫『落語名人伝』白水Uブックス - 蜀犬 日に吠ゆ

 化政時代の噺家、桜川慈悲成の噺本に出てくる話。

大力

 孔子のお弟子のうち、子路というのは、気の軽き人、その上、強力にて折々孔子御退屈の節は、俵の曲持ち、大石などをかつぎて孔子に御覧にいるれば、孔子がおんよろこびあって、おもしろやおもしろやと、ふだん仰せ候まま、おもしろと名をくだされけり。子路ある日、夕ぐれに、孔子の御扶持米なるか、米四五俵を背負いて山をくだりする。あとより人二三人きたり「あれ見よ、強きものなり、ただただ俵の歩み行くようなり、ただ者にあらず、走りついて見ん」

と早足に行けども子路は重荷を事ともせず、すたすたと行くに追いつかず。

一人申しけるは

「あの者たちは、確かに孔子のお弟子、子路ならん」

と一人駈けり行きて背負いゆく俵をたたきて

「子路なるか、子路なるか」

といえば、子路ふりむきもせず

「まだ、くろ米じゃ、くろ米じゃ」

               (『延命養談数』)

関山和夫『落語名人伝』白水Uブックス

 (太字部分は原文傍点)

 笑うしかないよね。これぞ小咄、という気もします。だいたい顔淵第十二で「倦むことなかれ」、子路第十三でも同じく「倦むことなかれ」って言ってる孔子が「御退屈の節」なんかねえよ。そんでおもしろし、おもしろし、で「子路」になったなら、その前の名前は何だったんだ? 「仲由」?

 まあ、笑い話に突っ込んでもしょうがないのですけれども、これは面白い。

落語名人伝 (白水Uブックス)

落語名人伝 (白水Uブックス)