蜀犬 日に吠ゆ

2011-04-19

[][][]デマで一儲け~~関山和夫『落語名人伝』白水Uブックス 21:11 はてなブックマーク - デマで一儲け~~関山和夫『落語名人伝』白水Uブックス - 蜀犬 日に吠ゆ

 ころり渦巻く元禄年間。男たちの野望が動き出すのです。

関東の巻・近世(江戸時代)

鹿野武左衛門

 元禄六年(一六九三)の四月下旬に、江戸でソロリコロリという悪い病気が流行した。一万余人の人々が死んだという。妙な流言蜚語が江戸市中に飛び、大騒ぎとなった。そのころ、あるところの馬が人間のことばを使って「南天の実と梅干とを煎じて飲めば即効がある」といったという、とんでもないデマが飛んだ。おまけに、その由をしたためた「梅干しまじないの書」という小冊子が印刷され、その本がまた飛ぶように売れた。そして、南天の実と梅干の値段はたちまち騰貴して二十倍、三十倍にまではねあがった。人心を乱すことはなはだしかったのでついに六月十八日付で町奉行能勢出雲守から江戸市中へ触書を出して、厳重に取りしまることになった。

 いろいろ詮索した結果、その流言の犯人として神田須田町の八百屋惣右衛門と浪人の筑紫団右衛門の二人が逮捕されたが、この両人は、馬が人語を発したというのは、噺家の鹿野武左衛門が書いた『鹿野巻筆』第三「境町馬の顔見世」の咄からヒントを得て、梅干と南天の実の値上げを考え、「梅干まじないの書」を出版したことを告白した。

関山和夫『落語名人伝』白水Uブックス

関東の巻・近世(江戸時代)

鹿野武左衛門

 結局、元禄七年三月十三日に筑紫団右衛門は主犯として江戸市中引廻しの上、斬罪に処せられ、八百屋惣右衛門は従犯として流罪となった。気の毒なのは噺家の鹿野武左衛門で、彼も伊豆大島へ流されてしまった。『鹿の巻筆』の板木は焼かれ、版元の本屋弥吉も江戸追放、「梅干まじないの書」も焼却された。どうやら鹿野武左衛門は、この金もうけに一枚かんで、団右衛門らに頼まれて、南天と梅干の効能書「梅干まじないの書」を書いたらしい。そうでなければ、暗示を与えたぐらいで島流しの重罪に問われるはずがなかろう。もっとも噺家の武左衛門が、そんなに腹の悪い男とは思われないので、おそらくは八百屋惣右衛門らにおだてられて一筆書いてしまったものであろう。そう考えれば、いかにもこの人らしい無邪気な行為と受けとれる。

関山和夫『落語名人伝』白水Uブックス

 人心の乱れる時、それは悪辣な商売のチャンス。

落語名人伝 (白水Uブックス)

落語名人伝 (白水Uブックス)


[][][][][]春のうた を読む(その25) 16:07 はてなブックマーク - 春のうた を読む(その25) - 蜀犬 日に吠ゆ

49

 春風や鼠のなめる隅田川(すみだがは)

       小林一茶(こばやしいっさ)

 上五を「春雨や」「長閑(のどか)さや」とする句稿もある。隅田川の川べりに並ぶ家から流れだす残飯、残菓のたぐいをあさる鼠だろうか。しかしそのことはいわず、鼠が隅田川をなめていると大きくとらえたところに、江戸の春の情感が一気に溢れた。一茶は生涯に二万句前後を詠んだという多作家で、駄句も少なくないが、この句のような「奇々妙々」(江戸における一茶の後援者で、自らもすぐれた俳人だった夏目成美の評)の作があるのはさすがだ。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 下五が「切れ」春風、鼠とミクロな対象に近づいていくようでいきなり大きな情景へと視点を揺さぶります。残飯をあさる鼠って、江戸時代の鼠ってそういうイメージか知らん。

 『柳多留』をみると、

十七・31

鼠をよく取娘に母こまり

『誹風 柳多留』三 岩波文庫

 とありますからもう家鼠、「都会の鼠」になっていたのでしょうかね。


50

 朧夜(おぼろよ)のむんずと高む翌檜(あすならう)

           飯田龍太(いいだりゅうた)

 『山の木』(昭五〇)所収。当代俳壇きっての人気俳人。飯田蛇笏の子息で、父祖以来の甲斐の住人、富士山の北側に住む。「かたつむり甲斐も信濃も雨のなか」、「水澄みて四方(よも)に関ある甲斐の国」などの近作がある。その句は切れ味よく、柄(がら)が大きい。掲出句は昭和四十七年作。水気の多い春の朧夜には、アスナロの若木はひときわ力強く、「むんず」とのびているだろうという気分をうたっている。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 朧夜の、ほんのりした闇を切り裂くようにして翌檜が屹立している。背後に付きを背負ったシルエットが目に浮かぶような名句ですね。こういう、自然の情景を擬音「むんず」で描写するというのは俳句の醍醐味の一つで、それも生きていますよね。夜道を歩く背筋も伸びそうな、生命力の句です。


折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

誹風 柳多留〈3〉 (岩波文庫―川柳集成 3)

誹風 柳多留〈3〉 (岩波文庫―川柳集成 3)