蜀犬 日に吠ゆ

2011-04-21

[][]あずまきよひこ『よつばと!』9 電撃コミックス かんそう(その5) 21:54 はてなブックマーク - あずまきよひこ『よつばと!』9 電撃コミックス かんそう(その5) - 蜀犬 日に吠ゆ

 この回はずっとテンション低いよねえ。

よつばとジュラルミン! かんそう

 ゼペット(ピノキオ)、アン(赤毛)、ジュリエッタだけわからん。ジュリエットかしら。しかしハウス名作劇場のない二一世紀、えなは教養人ですねえ。九〇年代生まれでも下手するとムーミンすらしらんのに。

 その上をゆくよつば。

 ジュラルミン、ってアルミと銅の合金で、軽くて強いんだけど高いから普及しない素材。チタンとかカーボンファイバーみたいな扱いだと思うのですが、どうしてその単語を選んだのか。なぞ。

 郊外の、ロードサイドのショッピングセンター。うちとこで言えばインターパーク。ベルモール。いろんなお店があって、「HIGUMA」に到達。カフェテリアの傘とか、噴水とかが「パークプレイス大分」っぽい気がしますねえ。どこかのイオン資本なのでしょうか。うちの県はイオン弱いんですよねえ。

 何でしょうね、この羽根。天使の羽根?

 ゆめみたい、ってよつばは悪夢を見てるのと違いますか?

 このへんはよくわかりませんでした。でも、わからないなりに、いちばんテンションが上がったのでこのコマ。なんつーか、五歳のころデパートにいったハラハラドキドキをあんまり覚えていない。

 (私は男のだったけど小さいころはぬいぐるみに入れ込んでいた。その話は本サイトでします。)

 えなのぬいぐるみに嫉妬している描写がなくて、ジュラルミンを買うはなしになると天上界に飛ぶ、というのは、よつばちゃんの性格どういう設定なのでしょうね。自己中心的でかつ他人の権利を思いやる、っていう人、幼子だとしてもいるかなあ……。


 ずっと「?」で読んだ回ですので、掲出するコマも悩みました。次点は「にこおーー」、三位は「ちがう! ジュリエッタ!」「もー!!」でした。