蜀犬 日に吠ゆ

2011-04-23

[][]壁はどこにある?~~~柴田元幸『代表質問』新書館 13:53 はてなブックマーク - 壁はどこにある?~~~柴田元幸『代表質問』新書館 - 蜀犬 日に吠ゆ

 みんなで作るディストピア。

村上春樹 一九八九年の村上春樹

◇状況に有効にノオと言ったことがあるだろうか

村上 僕らはね、実際的にはもう長い間異議申し立てなんかしていないんですよ。だれももうノオとは言えなくなってしまっている。僕らが最後にノオと言ったのは一九七〇年です。それ以来だれもノオと言ってないんじゃないかと思うんです。そのあいだ状況は僕らに対して何度もノオと言っている。石油ショックだとか、ドルの不安定だとか、産業構造の転換だとか、

アフリカの飢饉だとか、地球の温室化だとか、チェルノブイリだとかね。でも僕らが状況に対して有効にノオと言ったことはたぶん一度もない。うまく言えなくなっちゃったんだと思うんです。単純にノオと言えなくなってしまった。誰に対してノオと言えばいいのかもわからない。『ダンス・ダンス・ダンス』の中でも書いたけれど、何かに石を投げるとそれがワープして、こっちに戻ってくるんです。原発のことだってそうですね。どれだけノオと言ったって、不幸なことにはやりとりがだんだん山羊さん郵便みたいに迷路化してくる。原発反対運動なんかも昔だったらもっとずっと簡単だったですよ。

 それい僕らが一九七〇年に叫んだノオだって、結果的には何の意味も持たなかった。その動機はべつに間違ってはいなかったと思う。やりかたもああする以外になかったと思う。でも結局は何の意味も持たなかった。そこから始まっているんですよね、すべては。じゃああの異議申し立てというものはいったい何だったんだと。

柴田元幸『代表質問』新書館

村上春樹 一九八九年の村上春樹

◇状況に有効にノオと言ったことがあるだろうか

村上 じゃあいいんだけど(笑)。すべては細部から始まると僕は思いますね。でも僕は思うんだけど、僕らはもう共闘することはできないんですね。それはもう個人個人の自分の内部での戦いになってくる。というか、もう一度そこの部分から始める必要がある。状況をどう受け入れるか、どう自分を異化させるか、そこでどのような価値観を作っていくか。ちょうど『羊をめぐる冒険』で「鼠」が羊を飲み込んだみたいにね。ひとりひとりが自分でそれを飲み込まなくてはならない。そこには共闘というものはないですね。シンパシーを感じあうことはできる。共感することはできる。でも共闘はできない。そういう意味ではむずかしい時代ですね。孤独な時代だと思う。

柴田元幸『代表質問』新書館
代表質問 16のインタビュー

代表質問 16のインタビュー