蜀犬 日に吠ゆ

2011-05-12

[][]あずまきよひこ『よつばと!』9 電撃コミックス かんそう(その8の2) 21:06 はてなブックマーク - あずまきよひこ『よつばと!』9 電撃コミックス かんそう(その8の2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 こんな駄文を書くのにこんなに時間がかかる。

よつばとらいきゃく! かんそう(その2)

 グロウラーな! ググっちゃったよ。揺すった時の勢いでふいごが動いて笛を鳴らす仕組みらしい。「めええええ」の音を確認する為に、わざわざ那須の「テディベアミュージアム」に出かけたらアホでしょうか。近所のショッピングモールにあるかなあ。

 三姉妹の、「廊下のスミにホコリ」「洗い物」「おふとん」はそれぞれの性格と関係するのでしょうか。ふーか=食欲、という連想をした自分は、心がけがれているのでしょうか。結局えなが一番の力仕事をしているわけで、この演出の意図が……深く考えるといけない気がしてきました。話題を変えます。

 というわけでこの一枚。

 スイッチ高い! ふーかの身長が165cm(完全主観)として、こんな高い所にスイッチをつける電気工事の人はいないし、部屋の出入り口の近くにスイッチを置くのが常道なのに、なんだこれ。

 で、むかし書いた気がしていま過去記事は見つからなかったんだけど、この『よつばと!』の遠近法とか視点のおかしさって、よつばの見ている世界がそのまま描かれているからだと思うんですよね。風香は自分よりたかい、スイッチは自分より高い、それがこういう表現になっている。「おかしぱくぱくの夢」のときもそうですが、よつばの主観がそのまま漫画になっているんですよね。

 トーハト「キャラメルコーン」。おまつりのときにもらったやつだ。コンビニに行ったとき(7巻)買ったお菓子は明治サイコロキャラメル、森永チョコボール、森永ラムネであったわけですが、よつばはキャラメルコーンに異常な執着を示す。「おかしぱくぱくの夢」のときもそうでした。キャラメルコーンに魅力を感じない自分としてはよくわからんのですが、あれってすごいんですかね。(満賀道夫がデザインしたキャラメルコーンがでます!)

 コーヒーって、いつ頃から飲み始めたのかよくわかりませんよね。小学生のころはマックスコーヒーヨユーでしたけど。私の場合、勤めだして三年目の職場で「新人ですからコーヒー淹れますよ」とか大口たたいて全然ドリッパーを使えなくて、教えてもらったころからですかねえ。


 ききゅうのはなしに(つづく)

よつばと!  9 (電撃コミックス)

よつばと! 9 (電撃コミックス)