蜀犬 日に吠ゆ

2011-05-18

[][]あずまきよひこ『よつばと!』9 電撃コミックス かんそう(その10) 18:53 はてなブックマーク - あずまきよひこ『よつばと!』9 電撃コミックス かんそう(その10) - 蜀犬 日に吠ゆ

 こんなペースでペーソスを醸し出していた日には、話がちっとも進まない。

よつばとそら! かんそう

 ききゅうの後半。体験搭乗に挑戦。そしてまさかの落下。いつもはクールなとらも、これにはびっくりだぜ! (無駄なテンション)

 さらに、竹とんぼ。このときの、よつばの台詞がすごい。

よつばとそら!

たいへん

あっちで


あっちで

うってるって!


どうする!?

あずまきよひこ『よつばと!』9 電撃コミックス

 どうするもなにも結論ひとつだろう。どうしてこの子はまあこまっしゃくれて、「竹とんぼほしい、買って」といえないのか。ジュラルミンのときの「ゆめみたい!」もそうですが、ばあちゃんのところでは質実剛健な生活をたたきこまれたのかもしれない。とするなら、とーちゃん少し甘やかしすぎかも。

 とーちゃんが「シャッ」てやって「ヒュウウ」。この展開のもっていきかたはさすがの貫禄ですよね。よつばとって、「日常をたんたんと描く」わけではなくて結構ドラマティック(そしてそれはよつばの主観が描写されているからだといつもいうわけですが)なんですよね。とらが「ビッ」って、そんで「ギュウウ」って。その視点の置き方とか、擬音の書き方、とーちゃんが飛ばした時には入っていた流線がない空の高さ。クライマックス。で、戻ってきて「よっ」「ぱし」できちんと日常に戻ってくる。

 あさぎさんがわざわざいいにくるあたり、前回とらに「こいつは ヒドイ奴ですよ」と対応してます。「うわ―― 男らしくない」。ってのもヒドイなあ。まあ確かにとーちゃんもアレですが。

 そして話はパラモーターへ。あさぎさんは「パラグライダー」といっていますが、エンジンユニットを背負っているのでパラモータですね。と思い込んでいましたが、団体によって「モーターパラグライダー(モーパラ)」「パラモーター」「パワードパラグライダー」など呼称は異なるようです。

よつばと!  9 (電撃コミックス)

よつばと! 9 (電撃コミックス)