蜀犬 日に吠ゆ

2011-07-05

[][]放哉と山頭火~~高島俊男『お言葉ですが…』別巻2 連合出版 19:05 はてなブックマーク - 放哉と山頭火~~高島俊男『お言葉ですが…』別巻2 連合出版 - 蜀犬 日に吠ゆ

 放哉と山頭火で言えば、山頭火の方が好きなんです。単に放哉居士を知らないだけなんですけど。

 高島先生が、各人の作十句づつをひいていますので、それにのっかってみます。

放哉と山頭火

 尾崎放哉と種田(たねだ)山頭火はセットで名が出されることが多い。丸谷さんがそうしているように。

 共通点が多い。

 自由律俳句をつくった。――一般に俳句には二つのきまりがある。五七五の形につくること。季語をふくむこと。自由律俳句はこの二つの決まりから自由である。だから俳句というより短詩と呼んだほうがいいかもしれない。どんな内容をどんな形につくってもいいのだから楽なようだが、かえってむずかしいだろうと思う。韻律と季語に拘束されてつくるほうがつくりやすいだろう。両人ともこの自由律俳句で知られる。

 ふつうの人生を歩みはじめたが、ある時いっさいを捨て、妻子も捨て、漂白的人生を送った放哉は無住の寺の寺男、山頭火は出家して行乞(ぎょうこつ)僧だから両人とも仏教にかかわりがある。

 荻原井泉水の門下で句誌『層雲』の同人である。


 (略)両人の句を十づつ書いて行ってコピーし、皆さんにくばってゆっくりよみあげ、聞いてもらった。左の各十句である。


   尾崎放哉

 一日物云はずう蝶の影さす

 氷店がひよいと出來て白波

 わかれを云ひて幌おろす白い指さき

 人をそしる心をすて豆の皮むく

 漬物桶に塩ふれと母は産んだか

 とんぼが淋しい机にとまりに來てくれた

 入れものがない兩手で受ける

 咳をしてもひとり

 春の山のうしろから煙が出だした

 墓のうらに廻る


   種田山頭火

 分け入つても分け入つても青い山

 うしろすうがたのしぐうれてゆくか

 鐵鉢の中へも霰

 雨ふるふるさとははだしであるく

 しぐるるや死なないでゐる

 あるけばかつうこういそげばかつこう

 みんなかへる家はあるゆふべのゆきき

 うどん供へて、母よ、わたくうしもいただきまする

 おちついて死ねさうな草枯るる

 おとはしぐれか



 十五分ほど休憩して、そのあいだによみかえしてもらい、いいと思った句を投票してもらった。二十句のなかから三句えらび、一番いいと思ったのに三点、つぎ二点、つぎ一点である。


 (略)

 句にせよ歌にせよ、どんな解釈があり得るかわからないのだから、一方的に自分の解釈をのべることは極力抑えねばならぬ、心すべきことだ、と思ったことであった。

 (略)

 この二人についてお客さまの一人が、いっさいを捨てて無一物になった、妻も子も捨てた、と気軽に言うけれど、「捨てられる妻の身にもなってほしいわね」とおっしゃったのは、言われてみればまことにもっともな意見でありました

高島俊男『お言葉ですが…』別巻2 連合出版

 山頭火は、酒の句がいいんですよ。退廃的で。もちろん、放哉の酒の句のことはまったく知らないのであれですが、本当は放哉の句にも目を通さねばならないのでしょうね。

 どこでも死ねるからだで春風

 何とかしたい草の葉のそよげども

 風の中声はりあげて南無観世音


 木の芽草の芽あるうきつづける

 (宇治平等院)

 うららかな鐘を撞かうよ

 まつすぐな道でさみしい


 酔へなくなつたみじめさはこほろぎがなく

 よい宿でどちらも山で前は酒屋で

 膝に酒のこぼるるに逢ひたうなる

 つまづいても徳利はこはさない枯草

小学館編集部『はぐれ雲山頭火』小学館文庫

 

お言葉ですが…〈別巻2〉

お言葉ですが…〈別巻2〉


[][]ここよつばの~~あずまきよひこ『よつばと!』10 電撃コミックス かんそう(その4) 19:05 はてなブックマーク - ここよつばの~~あずまきよひこ『よつばと!』10 電撃コミックス かんそう(その4) - 蜀犬 日に吠ゆ

よつばと! 10 (電撃コミックス)

よつばと! 10 (電撃コミックス)

 一回休み