蜀犬 日に吠ゆ

2011-08-08立秋

[][][][][]秋のうた を読む(その1) 18:55 はてなブックマーク - 秋のうた を読む(その1) - 蜀犬 日に吠ゆ

 秋に、なったのです。

1

 木(こ)のまよりくる月の影見れば心づくしの秋は来にけり

                          よみ人しらず


 『古今集』秋上。「心づくし」は心を尽くさせること。秋になると野山の趣が変わってあちらにもこちらにも美しく色づきはじめた自然界のすがたがある。しかもそれらはたちまち過ぎ去ってゆくつかのまの黄金の輝きである。それを思うたびに気がもめる。それが「心づくしの秋」。こちらの主観的な気分に重点をおいて、実は秋の情感を客観的に深くとらえた含蓄ある表現が受け、『源氏物語』その他にひろく愛用された。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 民俗学的な論調からすると、この秋の入(はい)り口から大嘗祭(勤労感謝の日)までが、来年も生き残れるかの重大な時期なんです。しかも飛鳥時代ごろなんて人間にできる工夫もたかがしれていましたから、秋になったら神経質にならざるを得ません。紅葉だ黄葉だなどと浮かれているヒマはないので、この「心づくし」は、心労のことではないでしょうか。


2

 秋の月光(ひかり)さやけみもみぢ葉(ば)のおつる影さへ見えわたるかな

                          紀貫之(きの つらゆき)


 『後撰集』秋。「さやけみ」はさやかなので。貫之は『古今集』の代表歌人で『土佐日記』の作者。宮廷詩人の本領たる「晴(はれ)」の歌に抜群の力量を示した。物を印象的にとらえる訓練を積んでいたことは右の歌でもよくわかる。秋のさやけさは当時の歌人の好題材だったので、『古今集』には「白雲にはねうちかはしとぶかりのかずさへ見ゆる秋の夜の月」のような「よみ人しらず」の秀歌もある。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 前の歌もそうですが、秋になると湿度もさがって夜の空のもやもやした感じも失せてくるのでしょう。しかし、秋になった途端にそんなことは起こらないと思うんですけどねえ。むわむわする。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)