蜀犬 日に吠ゆ

2011-09-07

 おいらの 胸の心の せつなさよ♪

 雨がふれば 胸の 心の頭も ぬれるよ♪(ジャイアン)


[][][][]曹操の評価~~『中国史』2三国▼唐 世界歴史大系 山川出版社 20:16 はてなブックマーク - 曹操の評価~~『中国史』2三国▼唐 世界歴史大系 山川出版社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 曹操悪玉論を目にして、歴史に詳しそうな人が「曹操は永遠の悪玉」みたいな言い方をしていたので「正史以外では、そうでもないよ」「そういう時期ばかりでもなかったよ」という話を。

第一章 三国

補説1 曹操にたいする評価について

 中国の古典劇における曹操は顔を白くぬってあらわれる。白ぬりは姦悪(かんあく)の役柄である。曹操のイメージは悪く、三歳の子供でさえも彼をひどく憎んだと現代中国の歴史学の大家郭沫若(かくまつじゃく)氏はいう。しかし曹操にたいする評価はそれでもって一貫してきたわけではない。

 曹操評価の基準というべきもののひとつに正統論がある。つまり、魏と蜀漢のいずれを正統王朝として認定するかという問題が曹操評価に関わってくるのであるが、正統論は時代状況によって大きな影響を受ける。晋は魏の禅譲をうけたから、西晋時代の論者は魏を正統とみなす。陳寿(ちんじゅ)の『三国志』が魏を本紀であつかい、呉・蜀の君主を列伝のなかであつかっているのはその代表例であるが、彼は曹操に「非常の人、超世の傑(けつ)」という肯定的な評価を与えている。

『世界歴史大系 中国史』2 三国▼唐 山川出版社

 しかし、北方異民族に蹴散らされて「華夏族の優越」を誇るしか取り柄がなくなった東晋以降はことさら漢が賞揚され、その後継である蜀漢こそ正統であるとの常識がうみだされていきます。

第一章 三国

補説1 曹操にたいする評価について

同様のことは宋代にもみられる。北宋では魏正統説が中心であった。司馬光(しばこう)は、天下統一がなされなかったゆえに魏を完全な正統とは認めないものの、『資治通鑑(しじつがん)』では実質上魏を正統としてあつかっていて、曹操のとらえかたも肯定的であるし、蘇軾(そしょく)の「赤壁(せきへき)の賦(ふ)」は曹操を英雄としてとらえている。いっぽう、南宋では華北をうばった金を魏に、みずからを蜀漢に比定する考え方がおこなわれる。そして朱熹(しゅき)(朱子)が『資治通鑑綱目』において蜀漢を正統としたことは、正統論の帰結を定めたのである。

『世界歴史大系 中国史』2 三国▼唐 山川出版社

 中華帝国に余裕があって全体的な言説をバランスよく見渡せるなら曹操は傑物であり、国難状態で漢民族のアイデンティティが脅かされる時代には蜀漢、劉備礼賛がはじまるのですね。

 「どこで生まれたか」なんぞという些細な事象しかプライドのよりどころがない国ってのは、落ち目にある訳ですね。ひどい結論だ。


[][][][][]秋のうた を読む(その31) 20:16 はてなブックマーク - 秋のうた を読む(その31) - 蜀犬 日に吠ゆ

61

 肌寒(はだざむ)ミ一度は骨をほどく世に     荷兮

   傾城乳をかくす晨明(あけぼの)       昌圭(しょうけい)


 『芭蕉七部集』中『春の日』の「伊勢まゐり」の巻より。荷兮、昌圭ともに尾張の蕉門俳人。「骨をほどく」は死ぬ。「傾城」は美女が色香の魔力のため城(国)を傾ける、つまり一国の滅亡をも招くという意から、美女また遊女をいう。ここでは遊女。前句が人間だれでも一度は骨をほどく宿命にあることをいえば、付け句は肌寒い明け方に、寄り添いながら胸乳*1をかくす傾城の仕草を点じ、両々*2相まって凄艶(せいえん)の情緒を生んだ。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 僕の、『芭蕉七部集』の岩波文庫(ワイド版)はいったいどこにいったですかー!


62

 揺れやまぬ樹樹(きぎ)の梢(こずえ)や揺るることその健康に叶(かな)えるならん

                      川浪磐根(かわなみいわね)


 『川浪磐根全歌集』(昭四五)所収。昭和四十四年八十六歳で去った佐賀出身の歌人。多年記者生活を送ったが、作歌意欲おさえがたく、五十歳をすぎて窪田空穂の門に入り、本格的歌よみとなる。神経痛、心臓病など多病に悩み、晩年は清貧の臥床(がしょう)生活に終始したが、精神は剛直だった。生涯歌は素人と覚悟して詠んだその作は、心境が澄んでいるための率直さとすこやかさ読者の心をうつ。右の歌、素朴な観察と見えるが、また深い洞察とユーモアを感じさせる。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 率直にいって、意味が分からない。木の枝が揺れている。それはわかる。「その健康に叶えるならん」がわからない。揺れているのは健康にかなっているからだ。 ?? 自然と戯れることができるのは健康だから、樹と風がお互いにいい感じだね! ってことでしょうか。

 だから、あんまりいい歌ではないように思えます。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

*1:むなぢ

*2:読めない。もろもろ?