蜀犬 日に吠ゆ

2011-09-13

みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』19 リイド社 20:36 はてなブックマーク - みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』19 リイド社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 幕末マンガの幕末編。

 安政の大獄決着。首魁吉田松陰斬首。

風雲児たち 幕末編 19 (SPコミックス)

風雲児たち 幕末編 19 (SPコミックス)

 桂小五郎が千住小塚原刑場で村田蔵六にであったときの脚注。

 「『歴史にifはない』なっどという出典不明な俗論に惑わされるべきではない。歴史は一瞬一瞬がifに満ちている」という国文学者・野口武彦氏の説(趣意)に私も同意しますね。

みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』19 リイド社

 野口氏かあ……。

 わたしも、歴史が「偶然の産物」の積み重ねだとは思いますけれども、ifは未来の仮定を含みますからねえ。うかつに同時代人に同調することを避けてこその歴史家でしょうに。

 一瞬一瞬のifに思いをはせればSFですよ。みなもと先生。


 でも、この木戸孝允(桂小五郎)と大村益次郎(村田蔵六)の邂逅は本当になにか「Wheel of Fortune 運命の車輪」を思わせますよね。もちろん「時の河」的発想なら、ここで会わなくてもまたどこかで会う、のでしょうけれど。



 それで、みなもと先生、細かいことだとはおもうのですが、

 吉田松陰の辞世

第三章 今日(けふ)のおとずれ/何ときくらん

 身はたとひ

  武蔵(むさし)の野辺(のべ)に朽(く)ちぬとも

 留(と)め置(お)かまし大和魂(やまとだましい)


                     十月二十五日 二十一回猛士

みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』19 リイド社

 音数からすると、「とどめおかまし」じゃないのかなあ、と思います。誰でも知ってたというから六音に典拠があるとは思いますけど。