蜀犬 日に吠ゆ

2011-09-16

[][][][][]秋のうた を読む(その40) 21:18 はてなブックマーク - 秋のうた を読む(その40) - 蜀犬 日に吠ゆ

79

 蟋蟀(こほろぎ)が深き地中を覗(のぞ)き込(こ)む

                山口誓子


 『七曜』(昭一七)所収。誓子は三十代後半から四十代にかけて病身だった。日本が太平洋戦争に突入してゆく時代だった。そのためか、昭和十年代の句には深沈と暗い作が多い。暮秋、衰えはてたコオロギがのぞきこむ「深い地中」ははてもなく真暗だろう。句は超現実の心象風景ともいえるが、深くうつむくコオロギを、ひとり沈思する眼中に見つめている作者の心は、暗い夜の風に吹かれて荒涼としている。不気味な力強さをもった句だ。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 「地中を覗き込む」というのは、蟻の巣でものぞいているのでしょうか。ぢっと地を見るならできますが、地中をのぞくのは、眼光紙背的な譬喩でしょう。うつむいて地中に何があるか見通そうとするが、闇しか見えない。


80

 未婚の吾の夫(つま)のにあらずや海に向き白き墓碑ありて薄日あたれる

                  富小路禎子(とみのこうじよしこ)


 『白暁』(昭四五)所収。植松寿樹に師事した戦中世代に属する歌人。同時期の作に「女ひとり住む部屋の内に秋くればなべて中に鏡顕(た)ちくる」という歌もある。未婚のまま中年になり、意志強く生きる女性に、ふと訪れる放心の中の夢想、それを、感傷とは異なる哀感をこめて歌う。海に向いて立つ一基の墓を、結婚した事もない自分の夫のものではないかと、ふと感じる心のさまよい。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 「死んだインディアンがいいインディアン」的なブラックジョーク。存在していないことが確定しているから安心して「俺の嫁」と言えてしまう心象。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)