蜀犬 日に吠ゆ

2011-09-17

[][][][][]秋のうた を読む(その41) 21:36 はてなブックマーク - 秋のうた を読む(その41) - 蜀犬 日に吠ゆ

81

 よろこべばしきりに落つる木(こ)の実(み)かな

               富安風生(とみやすふうせい)



 『草の花』(昭八)所収。昭和五十四年二月、九十三歳で逝去した作者が、四十八歳で出した第一句集の代表作。風生晩年の句には、大切に老年期へ乗り入れた人の、腰のすわった風格があるが、普通、風生といえばまずあげられるのがこの句。よく知られているのに、何度読んでも古びが来ないのは大したものだと思わせられる。作者の心が自然界に対していきいきと開かれているのだ。それに、無技巧にみえて実際は句に隙(すき)がないのである。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 身近に樹が生えてない、、、。


折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)