蜀犬 日に吠ゆ

2012-01-05

[][][][]酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』第弐部 文春文庫 21:20 はてなブックマーク - 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』第弐部 文春文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 ようよう地の果て宇都宮にも配本が来ました! わーい。並べるのが遅いですよ!

泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部 (文春文庫)

泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部 (文春文庫)

 しかも相変わらずひどい。

孔明、途端にいきなり博望坡(はくぼうは)を燃やす

 新野は劉備軍団のせいで有名になってしまっただけの何の罪もない天然な小城にすぎないのであった。新野は何故か(もないものだが)『三国志』関連の地図には必ず大きめの点が打たれて目立ち、それこそが異常というしかないのは承知せざるを得ないところだ。大げさに言えばバスケットボール大の地球儀の日本列島の真ん中あたりに、サンフランシスコと同じ大きさの黒点で、”新宿”と打ってあるような(Tokyoはその隣)、何かの間違いであろう。これでは衛生軌道上から新宿区をピンポイント爆撃するにも誤差がありすぎで、宇都宮に命中してしまっても仕方がない。

酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』第弐部 文春文庫

 仕方がない、で済ます気ですかぁーーーーー! 宇都宮にだって、穀潰しやニートが済んでいるんですよ!! まあ衛生軌道上から新宿が爆撃される事態に至ったら、文句も言えないのでしょうけれどもねえ。

 しかし相変わらず酒見先生ひどい。体調を崩されているとのことで、ご健勝をお祈り申し上げます。