蜀犬 日に吠ゆ

2012-08-25

[]イザユケボウケンシャ~! 00:08 はてなブックマーク - イザユケボウケンシャ~! - 蜀犬 日に吠ゆ

 『世界樹の迷宮Ⅳ』 が発売になっているのですが事情があって3DSともども買えていません。そもそも、Ⅱ(23F)もⅢ(B9F)も投げ出しているのですからⅣを買っても投げ出す確率が高い。


 Ⅱは、中ボスキャラがオーバーロードによって錬成された元冒険者だっていうのがいやでやめました。Ⅲは、海都と深都の対立にどっちにもいいぶんがあるように思ってやめてしまいました。ストーリーを進めるとやりこみ要素に支障が出るあたり、さすがのバランスですね。

 「Ⅳはどうなんだろう」、と思わせるに充分な前回作でした。

op

 七つ海に 文明が呑まれ

 五つの島に 樹海が広がり


 一つの城に 選ばれし民は逃れた


 七つの海は すべてを沈め

 五つの島は すべが滅し


 一つの城は すべての孤児と化した


 天空を漂う城の民は

 長き流浪の末に

 再び母なる大地に降り立つ


 これが世界樹に描かれし

 ハイ・ラガードの興国記である

『世界樹の迷宮 Ⅱ 諸王の聖杯』ATLUS
世界樹の迷宮II 諸王の聖杯(特典無し)

世界樹の迷宮II 諸王の聖杯(特典無し)

 とりあえず、元ネタというか、指輪物語を書き写してみます。

 THE FELLOWSHIP OF THE RING(Book one)

Being the First Part of THE LORD OF THE RINGS by J.R.R.Tolkien

指輪物語

三つの指輪は、空の下なるエルフの王に、

 七つの指輪は、岩の館のドワーフの君に、

九つは、死すべき運命(さだめ)の人の子に、

 一つは、暗き御座(みくら)の冥王のため、

影横たわるモルドールの国に。

 一つの指輪は、すべてを統べ、

 一つの指輪は、すべてを見つけ、

 一つの指輪は、すべてを捕えて、

  くらやみのなかにつなぎとめる。

影横たわるモルドールの国に。

トールキン 瀬田貞二『旅の仲間』指輪物語上1 評論社

Story

大陸の遥か北方に広がる高地

そこには巨大な樹を神木と崇める

ハイ・ラガード公国があった。


その公国の神木は世界樹と呼ばれ

その天高く伸びる樹は空飛ぶ城へと

繋がっているという伝説があった。


そんな伝説の樹の中に、

あるとき謎の遺跡群と未知の動植物を内包した

巨大な自然の迷宮が見つかったのだ!


その地を治める大公は、その迷宮を調べ

空飛ぶ城の伝説の真偽を確かめるために大陸全土に触れを出した。


空飛ぶ城の伝説と広大な迷宮…。

この触れは冒険者たちの心を捕らえ

多くの者たちが公国に訪れた。


…しかし、どんなに多くの冒険者が集まろうと、

その迷宮を踏破し伝説を解明する者は

顕れなかった。


――君もまたその布令に応じ、

公国に向かう若き冒険者である。

その目的は一つ、空飛ぶ城をみつけ

富と名誉をその手につかむことだ。


さあ街の門を潜り進みたまえ!

『世界樹の迷宮 Ⅱ 諸王の聖杯』ATLUS

 そして、今、過去を捨ててⅡをやり直したくて仕方ありません。

 Ⅱの時が、絶好調(not月光蝶)で好きなキャラを投影しまくりでしたからね。戦力とかバランス関係なく。

 Ⅲになると何というか攻略も含めて……という噺になってしまったのが悲しい。


 だからこそ、いまこそ新生「N.S.P」が見直されてもいいのではないでしょうか?

 などと言いつつ、「DSLote」とにらめっこです。

  • NSP現行メンバ
  • いさみ(ブシドー)
      • 局長
  • はせお(レンジャー)
      • 農政
      • 戦闘スキルはほとんど上げず、ひろいもんばっかり。「ストーリーチーム」「バトルチーム」「サポートチーム」を分けて組む発想がなかったので中途半端になってしまいました。アラソルン、すまん。
  • とらひこ(アルケミスト)
      • 各属性をバランスよくと思ったらこの人も中途半端になってしまいました。物理志望なのに化学に廻されてレンズを磨く寒月君を馬鹿に出来ません。
  • にんけん(パラディン)
      • 加賀見忍剣好きすぎてつらい。
      • ネタをひろうために『神州天馬侠』を読み返して「破邪の構え」だの「ルソン兵衛のキリスト魔術」だのを掘り返させていただきました。さすが忍剣快男児!
  • E・J(バード)
      • 可愛い。どうしてこんなに可愛いのでしょう。クモが出た時のパニックぶりも満点。
  • がんかい(ドクトルマグナス)
      • 後発組でしたが強い! 初期からメンバーにしておけばよかった。
      • グラフィックが女キャラなの? なにか間違えてる気がします。
  • ひとみ(カースメーカー)
      • あーこれは、この漫画は3巻で飽きた。面白いことに間違いはありませんが、マンネリになる前に終わらせたほうがいい漫画だったと思います。もちろん作っている方々の事情は知らずに放言しているのですけれども。
  • ギラーミン(ガンナー)
      • こいつは、おっそろしい相手です。
      • 見方にすると頼もしい。
      • 部下にするとすごいのではないかと思います。『のび太の宇宙開拓史』では非常な手段を平気で選択しますけれども、それって本社の都合でしょう。まともなNo.1に出会えたら、最強のNo.2になれるタイプのスタンド遣いなのではないでしょうかね。
  • くらきハン(ペット)
      • これは、イベントで「ペット」が来るので錯乱してしまったのでしょう。
      • くらきハンに思い入れはありません。
  • ピリカ(アルケミスト)
      • 氷の属性攻撃が必要なので呼びだした、ご都合主義キャラ。
      • はじめから分かっていれば「てらひこ」をバランス成長させることはありませんでしたが、「はじめからわかっている」というのがアンチリアルのファンタジー・メルヘンなのでがっかり。
  • エネル(アルケミスト)
      • 雷の属性攻撃が必要なので呼びだした、ご都合主義キャラ。
      • ルフィと何ページ殴り合ったのか、数えるの面倒なので知りません。が、ワンピースに愛想を尽かしたのは神エネル篇。
  • みよこ(ダークハンター)
      • なにかボス敵をどーのこーので参入してもらった記憶がありますが、すげえ優秀でした。世界樹の戦闘に慣れると、スキルやコンビネーションで力を発揮するクラスが、使いごたえあるのですよね。ブシドー並べてオート戦闘が好きなわたしには、少しハードル高いのですけれども。
  • せいしゅう(メディック)
      • 「お世話になります以上の感想がないのは、まだ使いこなせていないからなのでしょうねえ。
  • アストルフォ(ソードマン)
      • 使いどころが分かりませんでした。おしまい。
  • そうじ(ブシドー)
  • とし(ブシドー)
      • この二人を加入させたところで「エター(エターナルファンタジー)」。

 次回へ続く




世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 - 3DS

世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 - 3DS