蜀犬 日に吠ゆ

2012-11-20

[][][]めそ~~内田百閒『御馳走帖』中公文庫 19:39 はてなブックマーク - めそ~~内田百閒『御馳走帖』中公文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 とりあえずメモしておいて、あとでキーワード化します。よく考えるとたくさんあります。

 今日は「めそ」。

御馳走帖 (中公文庫)

御馳走帖 (中公文庫)

めそ

昔は電車が通つてゐる表通が裏神保町で、そこへ電車を敷いたからそつちが表になり、もとの表神保町の通が裏になつて、鈴蘭燈を連ねてゐるから鈴蘭通とも云ふそうだが、そんな名前は方方にあるから意味はない。歩いて行つたらいいにほひがして来て、鰻屋の前に掛かつた。

 河出書房にゐた暑かつたと思ふけれど、鰻屋の前には風が吹いてゐて、少し寒かつた。寒暖の記憶がどうも判然としない。広い鉢の上に小さい細い鰻の焼いたのが列べてある。あまり小さいので泥鰌かと思ふ。さう云へば店先の鏡を抜いて水を張つた四斗樽の中で、生きた泥鰌が浮かんだり沈んだりしてゐる。

 自分でさうは思はなかつたけれど、いいにほひに牽き寄せられたのかも知れない。孟浪と並んでいつ迄もその店の前に起つてゐた。大きな広い鉢の中に列んでゐるのが気に掛かる。

 泥鰌か知らと孟浪に云つたら、店の中から、鰻を焼いている男が、怒つた様な大きな声で、鰻ですよと云つた。

 めそと云ふのだらう。もう一寸大きくなれば、筏であり小串であつて普通だが、めそを買つて行つて食べて見ようかと云ふ気がする。鉢の縁に経木の札がついてゐる。高くはないしお金は持つてゐる。しかしどうも思ひつきで何か買ふと云ふ事が私には出来にくい。物を買つて、お金を払つて、お釣りを貰つて出て来ると云ふ手続きと順序がひどく億劫である。

 黙つてその前を離れた。孟浪君も一緒に歩き出した。店の奥のさつきの男が、じろりとこつちを見たような気がする。

(中略)

 二三日経つたけれど、矢つ張りお膳に坐つてゐる時、神田のめそを思ひ出す事がある。腹の中に意地が出来てゐるらしい。それなら何も神田まで行かなくても、ついそこの四谷見附の鰻屋で買つて来てやると家内が云つた。さうして翌くる日の晩買つて来たのを開けて見ると、私が思つてゐるのより倍も大きく、普通の小串である。焼き上げたのを買つて来たのでは、うまくないにきまつてゐる。文句を云ひ云ひ食べたが、味はなかった。

 にほひに誘はれて、店先に立ち停まつた時から、めそに憑かれたかも知れない。矢つ張り食べて見ないと虫がをさまらない様である。更めて孟浪君を煩はし、お役所の帰りに、神田のあの店へ寄つて買つて来てくれる様に頼んだ。

 それで漸くありついた。お膳にひろげて、さて食べようと思ふ。食べたくて食べたくて仕様がなかつた御馳走である。息がはづむ様な気がして、箸をつけたらちつともうまくない。細いくせに、しんが固くて、口ざはりが突つ張つて、味が無い。小ひさいからすぐに上がるかも知れない。浮いて腹が白くなつたのを焼いたのだらう。

内田百閒『御馳走帖』中公文庫

 あいかわらずめんどくさい小父さんですこと。



[][][]『二条河原落書』(つづき) 19:02 はてなブックマーク - 『二条河原落書』(つづき) - 蜀犬 日に吠ゆ

 とりあえずメモしておいて、あとでキーワード化します。

太平記の時代  日本の歴史11 (講談社学術文庫)

太平記の時代 日本の歴史11 (講談社学術文庫)

『二条川原落書』


 落馬矢数ニマサリタリ   誰ヲ師匠トナケレトモ

 遍ハヤル小笠懸      事新キ風情也

 京鎌倉ヲコキマセテ    一座ソロハヌエセ連歌

 在々所々ノ歌連歌     点者ニナラヌ人ソナキ

 譜第非成ノ差別ナク    自由狼藉ノ世界ナリ

 犬・田楽ハ関東ノ     ホロフル物ト云ナカラ

 田楽ハナヲハヤルナリ   茶香十炷ノ寄合モ

 鎌倉釣ニ有鹿ト      都ハイトヽ倍増ス

 町コトニ立篝屋ニハ    荒涼五間板三枚

 幕引マワス役所鞆     其数シラス満々リ

 諸人ノ敷地不定      半作ノ家是多シ

 去年火災ノ空地共     クソ福ニコソナリニケレ

 適ノコル家々ハ      点定セラレテ置去ヌ

 非職ノ兵杖ハヤリツヽ   路次ノ礼儀辻々ハナシ

 花山桃林サヒシクテ    牛車華洛ニ遍満ス

 四夷ヲシツメシ鎌倉ノ   右大将ノ掟ヨリ

 只品有シ武士モミナ    ナメンタラニソ今ハナル

 朝ニ牛馬ヲ飼ナカラ    夕ニ賞アル功臣ハ

 左右ニオヨハヌ事ソカシ  サセル忠功ナカレトモ

 過分ノ昇進スルモアリ   定テ損ソアルラント

 仰テ信ヲトルハカリ    天下一統メツラシヤ

 御代ニ生テサマ\/ノ   事ヲミキクソ不思議共

 京童ノ口スサミ      十分ノ一ソモラスナリ