蜀犬 日に吠ゆ

2013-01-12

[][][][][]冬のうた を読む(その28) 19:31 はてなブックマーク - 冬のうた を読む(その28) - 蜀犬 日に吠ゆ

55

 篠(ささ)の葉に 雪降りつもる 冬の夜(よ)に 豊(とよ)の遊びを するが愉しさ

                          神楽歌


 古代、宮中で神楽を奏するのは多く冬だったのでこの歌詞がある。「豊の遊び」は他に用例のないごと言うが、神楽をさすとみられる。左右に分れた楽人の、本方(もとかた)がこれを歌うと、末方は「瑞垣(みづがき)の 神の御代より 篠の葉を 手(た)ぶさに取りて遊びけらしも」と唱和した。古代から、神おろしのため神前で乱舞し、神がかりになるとき、笹を手に踊ることが多かった。右の歌詞で「篠」が出るのは、そのことと関係があろう。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 七夕は笹の葉をささげて星を祭ります。神おろしに使う、というのは平将門に神託を下した巫女が何か枝を振っていましたね。のちには幣帛や榊の玉串が使われ、現代の神道では笹はあまり使われていない印象です。


56

 つぎねふ 山城川(やましろかは)に 蜻蛉(あきつ) 嚔(はな)ふく 嚔(はな)ふとも 我(あ)が愛者(はしもの)に 逢はずは止(や)まじ

                     琴歌譜(きんかふ)


 『琴歌譜』は宮中の大歌所に伝来した古歌謡の譜本で現存する日本最古の楽譜。宮廷の歌だが、農耕民的な恋歌が多い。右は冬の歌とはいえないが、前作とあわせ見るため掲げた。「つぎねふ」は山城の枕詞。「はなふく」「はなふ」はクシャミする。古代人はクシャミを吉兆と考えたらしいが、この歌だと蜻蛉(とんぼ)のクシャミは逆だったようだ。だがそれでも、と男はいう、おれは川を渡って可愛い女の所へいくぞと。蜻蛉がクシャミをするとどんな顔になるのだろうか。

大岡信『折々のうた』岩波新書

 というより、どういう状態を、「蜻蛉が嚔した」と見立てるのでしょう。清原選手が大好きな永渕氏の「とんぼ」でも、「しあわせのとんぼが ほら 舌を出して わらってら」(うろ覚え)などと歌われますが、どういう状況なのかわかりません。

 「ゆうやけこやけの赤とんぼ」とか「とんぼのめがねはみずいろめがね」など、トンボの歌はいい歌が多いですね。

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

折々のうた (岩波新書 黄版 113)

[][][]一月一二日 だめだと思ったら 19:39 はてなブックマーク - 一月一二日 だめだと思ったら - 蜀犬 日に吠ゆ

一月一二日

だめだと思ったら、あきらめることをあきらめる。

そしてもう一踏ん張り、ふた踏ん張り、三つ踏ん張りをする。それが人間だ。

だからこそ、たった一人から七百万年をかけて八十億人を超える人類を形成した。

そのヒトリ、ヒトリがあなたであり、わたしなんだ。

むのたけじ『一日一言』岩波新書
99歳一日一言 (岩波新書)

99歳一日一言 (岩波新書)