蜀犬 日に吠ゆ

2013-02-09

[][][][]馮夢竜 太田辰夫『平妖伝』第十二回 大系36 平凡社 を読む(その15の2) 16:16 はてなブックマーク - 馮夢竜 太田辰夫『平妖伝』第十二回 大系36 平凡社 を読む(その15の2) - 蜀犬 日に吠ゆ

 だいぶ間が開いてしまいました。

 それで付箋(不審)を取り外したらページの表がはがれてショック。気をつけなければいけなかったのに、、、

 もう読めない、、、

第十二回 老いたる狐精 灯を挑(かきたて)て法を論じ/癡(おらか)なる道士 月に感じ懐(こころ)傷(いた)む

  • 瘸児左黜)は剣門山にとどまっていたが、厄介者扱いされる。
    • まあそうでしょうね。そもそも自分が元凶で巣穴を旅立つことになったというのに、自省の感覚がない。剣門山でも「道士となった(第六回)」のに、お客さま気分でいられたら、それはつまはじきされると思います。
  • 使いが来て華陰県に出る。
    • 媚児を待つ担保として瘸児左黜)を養っていた賈道士は錯乱する。
      • 華陰って、長安と潼関(黄河の曲がり口)の間で、結構な宿場町なのだなあ。

中国古典文学大系 (36)

中国古典文学大系 (36)