蜀犬 日に吠ゆ

2013-02-19

[][]かしこい人の批判を気にしよう 22:49 はてなブックマーク - かしこい人の批判を気にしよう - 蜀犬 日に吠ゆ

正法眼蔵随聞記 一

一 はづべくんば明眼の人をはづべし

 示に云く、はづべくんば明眼(みょうがん)の人をはづべし。

 予、在宋の時、天童浄和尚、侍者に請(しやう)ずるに云く、「外国人たりといへども元子(げんす)器量人なり。」と云ツてこれを請ず。

 予、堅く是レを辞す。

 そノ故は、「和国にきこえんためも、学道の稽古のためも大切なれども、衆中に具眼の人ありて、外国人として大叢林の侍者たらんこと、国に人なきがごとしと難ずる事あらん、尤もはづべし。」といひて、書状をもてこノ旨を伸べしかば、浄和尚、国を重くし、人をはづることを許して、更に請ぜざりしなり。


(口語訳)

 道元禅師が教えて言われた。

 人の批判を気にするなら、物の道理を見通せる人からの批判を気にすべきである。

 わたしが宋にいた時、天童山の如浄禅師が、わたしに侍者となるようにと頼んで言われるには、「外国人(にほんじん)ではあるが、道元君は徳もあり、力もある人物だ。」と言って、侍者になるようにと頼まれた。

 しかし、わたしは堅く辞退した。

 その理由は、「侍者にしていただくことは、わが日本に評判が伝わるためにも、仏道を学ぶ修練のためにも、わたくしにとって非常に重要なことでございます。しかし、同じ天童山の修行者の中に、道理のわかった人がいて、『外国人でありながら、天童山ともあろう大道場で侍者になるとは、大宋国に人物がないように見える。』と非難をするかもしれません。そうした批判は、特に心して反省しなければなりません。」と言って、手紙に書いて、この趣旨を申しのべたところ、如浄禅師も、大国の体面を重んじ、また、立派な人からの批判に心を用いるわたしの気持を了解して、二度と頼もうとはなさらなかった。

水野弥穂子訳『正法眼蔵随聞記』ちくま学芸文庫

 物の道理を見通せる人からの批判というよりも、ただの狭量ないちゃもんに見えます。しかしそうした批判がある程度説得力を持つのでしょうね。


[][]牛より強い 22:49 はてなブックマーク - 牛より強い - 蜀犬 日に吠ゆ

正法眼蔵随聞記 六

七 ふるく云く、君子の力牛に勝れたり

 示ニ云ク、ふるく云ク、「君子の力牛に勝れたり。しかあれども、牛とあらそはず。」ト。

 今の学人、我レ智恵を学人にすぐれて存ずとも、人と諍論(じやうろん)を好む事なかれ。また悪口(あくく)をもて人を云ヒ、怒目をもて人を見る事なかれ。

 今の世の人、多く財をあたへ恩をほどこせども、瞋恚(しんい)を現じ、悪口を以て謗言すれば必ず逆心を起すなり。


(口語訳)

 教えて言われた。

 昔の言葉に、「君子の力は牛よりすぐれている。しかし、君子は牛と力争いなどしない。」とある。

 今、仏道を学ぶ人も、自分が、仲間の学人に比べてすぐれた知恵を持っていても、議論や言い争いを好んではいけない。また、口ぎたなく人をののしり、怒った目つきで人を見てはいけない。

 今の世の人はたいてい、財宝をたくさん与え、恩を施してあっても、怒りを顔にあらわし、口ぎたない言葉で非難すると、必ず手むかう心をおこすのである。

水野弥穂子訳『正法眼蔵随聞記』ちくま学芸文庫
正法眼蔵随聞記 (ちくま学芸文庫)

正法眼蔵随聞記 (ちくま学芸文庫)


[][][][]ハラキーリ!~~ジェイミー・トムソンとマーク・スミス『サムライソード』ホビージャパン 23:42 はてなブックマーク - ハラキーリ!~~ジェイミー・トムソンとマーク・スミス『サムライソード』ホビージャパン - 蜀犬 日に吠ゆ

 ファイティングファンタジー『サムライの剣』の再翻訳。

 ホビージャパンはすばらしい。

 あとでやる。