蜀犬 日に吠ゆ

2013-03-29

[][][]朱子流読書術 22:49 はてなブックマーク - 朱子流読書術 - 蜀犬 日に吠ゆ

第十三章 四書の表章

8 学問は、必ず『大学』を先とし、次に『論語』、次に『孟子』、次に『中庸』を学ばねばならぬ。『中庸』は工夫が精密で、規模が広大である。(語類巻一四)

荒木見悟編集『朱子王陽明』中公バックス世界の名著19

第十三章 四書の表章

9 読書は、さしあたってわかりやすく解しやすいものから読め。『大学』『論語』『孟子』『中庸』の四書に至っては、道理が輝いている。人がただそれを読まないだけだ。もしこの四書を理解すれば、どんな書物でも読めるし、どんな道理でもきわめられるし、どんな物事でも処理できる。(語類巻一四)

荒木見悟編集『朱子王陽明』中公バックス世界の名著19

第十三章 四書の表章

22 私は、幼少の頃から、『論語』『孟子』を読んだ。その後、論孟以上の書を探したが、結局みあたらなかった。

荒木見悟編集『朱子王陽明』中公バックス世界の名著19

第十三章 四書の表章

23 私は、十数歳の時、『孟子』に「聖人と我とは類を同じゅうするものだ」(告子上)とあるのを読んで、いいようもなくうれしかった。聖人には、わけなくなれると思ったからである。だがいまは、(聖人になるのは)容易でないことだと思っている。(語類巻一〇四)

荒木見悟編集『朱子王陽明』中公バックス世界の名著19

第十三章 四書の表章

17 『論語』を理解すれば、孔子であり、『孟子』を理解すれば、孟子である、という人がある。よく考えてみると、やはりその通りだ。『論語』の中の言葉を、本当によく究明し、その細かい点までつきつめて了解し尽くし、まるで孔子の腹中を貫くように、孔子の肺肝(はいかん)がすっかりわかるなら、孔子といえるのではないだろうか。『孟子』の中の言葉を、本当によく究明し、了解しきって何もかも知り尽くし、まるで孟子の腹中を貫くように、孟子の肺肝がすっかりわかるなら、孟子といえるのではないだろうか。(語類巻一九)

荒木見悟編集『朱子王陽明』中公バックス世界の名著19

2013-03-28

[][][][]小林秀雄『考えるヒント』文春文庫 20:07 はてなブックマーク - 小林秀雄『考えるヒント』文春文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

目次

考えるヒント
  • 常識
  • プラトンの「国家」
  • 井伏君の「貸間あり」
  • 読者
  • 漫画
  • 良心
  • 歴史
  • 言葉
  • 役者
  • ヒットラーと悪魔
  • 平家物語
  • プルターク英雄伝
  • 福沢諭吉

四季
  • 人形
  • 樅の木
  • 天の橋立
  • お月見
  • 踊り
  • スランプ
  • さくら
  • 批評
  • 見物人
  • 青年と老年
  • 花見
ネヴァ河
ソヴェットの旅
小林秀雄『考えるヒント』文春文庫
新装版 考えるヒント (文春文庫)

新装版 考えるヒント (文春文庫)

2013-03-27

[][]本田濟『易』朝日選書 22:05 はてなブックマーク - 本田濟『易』朝日選書 - 蜀犬 日に吠ゆ

目次

解説
周易上経

小畜

同人

大有

噬嗑

无妄

大畜

大過

周易上経

大壮

明夷

家人

帰妹

中孚

小過

既済

未済

繋辞上伝
繋辞下伝
説卦伝
序卦伝
雑卦伝
本田濟『易』朝日選書


[][]世界史の解法 20:36 はてなブックマーク - 世界史の解法 - 蜀犬 日に吠ゆ

 仁木久『世界史の解法――ルール48』洛陽社

世界史の解法―ルール48

世界史の解法―ルール48

 面白い問題集だと思いました。

続きを読む

2013-03-26

[][][]「この君」の話~~『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社 20:36 はてなブックマーク - 「この君」の話~~『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社 - 蜀犬 日に吠ゆ

続きを読む

2013-03-23

[]finalvent『考える生き方』ダイヤモンド社 23:55 はてなブックマーク - finalvent『考える生き方』ダイヤモンド社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 スタッドレスタイヤをディーラーでノーマルに交換してもらっているあいだに、積ん読を潰すわけですけれども、それで前々に購入していた終風先生の自伝を読みました。沖縄に引っ越すところで、三分の一くらいでしょうか。

目次
  1. 社会に出て考えたこと 9
  2. 家族をもって考えたこと 73
  3. 沖縄で考えたこと 131
  4. 病気になって考えたこと 195
  5. 勉強して考えたこと 231
  6. 年を取って考えたこと 285
finalvent『考える生き方』ダイヤモンド社

 ここまでの感想は、(オフラインの)有名人のエッセイとかわるところがないなあ、でした。雑誌などに登場する人の本業は分からなくても、コラムなどに登場するといろいろ読むわけです。私にとってインターネットもあんまり区別はなくて、全然知らない人の近況だとか小並感想*1をおもしろがるわけです。

 こっちの都合としては、自分が終風先生のブログを読み始めたのがいつだったのか分からない。日記書いておくべきでした。

 投稿して意味不明でしたが、推敲できるホルムアルデヒドではないのであとで。

考える生き方

考える生き方


[][]匈奴の使者の観察眼~~『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社 22:50 はてなブックマーク - 匈奴の使者の観察眼~~『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社 - 蜀犬 日に吠ゆ

容止篇 第十四

 魏の武帝(注1)が匈奴の使者を引見しようとしたとき、自分は身体が貧弱であるため(注2)、遠国を威圧するだけの貫禄がないと思い、崔季珪(注3)に身代わりをさせ、自分は刀を手にとって玉座のそばに立っていた。

 引見が終わったあと、間諜にたずねさせた。

「魏王の様子はどうだったかね」

 匈奴の使者は答えた。

「魏王はお見受けしたところ非常にりっぱな方です。だが、玉座の近くで刀を手にした人は、これこそ英雄です」

 魏の武帝はこれを聞くと、追いかけてこの使者を殺させた(注4)。


  • 魏の武帝 曹操。言語篇八節に見える。
  • 身体が貧弱であるため 『魏氏春秋』によると曹操は身体が短小であったという。
  • 崔季珪 崔琰。字は季珪。清河(山東省)の人。鄭玄(じょうげん)の弟子となり、曹操に仕えて中尉となったが、のち曹操に殺された。(『三国志』魏志一二)
  • 使者を殺させた 自分のトリックを見破られたのを恥じたためか。あるいはこのような能力ある人物を敵国に帰すことを恐れたためか。いずれにしても作り話らしい感じが強い。
『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 もちろん作り話なのでしょう。ただ、当世(南北朝ころ)の人々には、この話の面白さというか勘所が分かっていたことでしょう。わざわざ使者を殺した理由も、説明なしに分かったのではないですかね。

 「殺した理由」は、もちろん「身代わりを立てた理由」に関連していることでしょう。あとから間諜に探りを入れさせていますからこの身代わり作戦には意図があったと考えて問題ないはずです。

 訳注をつけた森(三樹三郎)先生がはじめにいう「トリック暴露を恥じた」というのであれば、曹操は匈奴の使者との知恵比べとして身代わりを立てたのだろうということになりましょうが、名前も出てこない単なる使者が、曹操と知謀を競いますかね。曹操の「なぞなぞいたずら」というのは「闊」や「一人口」の逸話のように「みんなをからかう」イメージがあります。それで、いたずらなら、見抜かれて殺すというのもやり過ぎのように思えます。

 見抜いた匈奴の使者を「能力がある」として殺すなら、なぜ引見したのか。魏は基本、匈奴よりも烏丸と激しく争っていたので、匈奴が有能ならそれを外交的に操作した方がよいはず。この程度のすり替えを見抜くだけで危険レベルを認定していては、魏は外交なんぞできない状態になってしまいます。中華帝国が世界最高の時代ならともかく、中原に鹿を追っている最中に対外強硬姿勢すぎます。これもあまり曹操らしくない。

 わたしの考えとしては、曹操が自分の容姿にコンプレックスを持っていたというフロイト博士の説に賛成。そうしたら案に相違して見抜かれてしまい、「国家使節との会見で不義理」という汚名がのちのちの対外交渉にマイナスになるとおもって口を封じたのだと思います。

 

中国古典文学大系 (9)

中国古典文学大系 (9)

*1:小学生並の感想

2013-03-17

[筆記][箴言][むのたけじ]三月一七日 人生をキレイゴトで語りたがる

三月一七日

人生をキレイゴトで語りたがる人たちが一向に減らないね。その虚栄は有害だ。人生は誰のものだってナマモノだ。だから、ナマナマしく生きればいいのだ。すると元気がわいてくる。

自分を自分でごまかさない。自分で自分に正直を通す。この心がけを続けよう。すると自分の日常生活にも他人との付き合いにも虹の橋が伸びる。

むのたけじ『一日一言』岩波新書
99歳一日一言 (岩波新書)

99歳一日一言 (岩波新書)

虹の橋がもうすぐかかる?

2013-03-16

[][][]三月一六日 本気で決意すれば 16:26 はてなブックマーク - 三月一六日 本気で決意すれば - 蜀犬 日に吠ゆ

三月一六日

本気で決意すれば、自分の努力がどうなるか、どうならないかは、およそ見えてくる。真剣な決意者は結果を見通しながら出発するのだ。何の但し書きも要らない。だから、やることなすことが静かだ。ニセモノたちほど騒ぎ立てる。

むのたけじ『一日一言』岩波新書
99歳一日一言 (岩波新書)

99歳一日一言 (岩波新書)

2013-03-15

[][][]三月一五日 真剣な覚悟は 16:26 はてなブックマーク - 三月一五日 真剣な覚悟は - 蜀犬 日に吠ゆ

三月一五日

真剣な覚悟は、無声で固まって無言で働く。

むのたけじ『一日一言』岩波新書
99歳一日一言 (岩波新書)

99歳一日一言 (岩波新書)

2013-03-13

[][]カエサル『ガリア戦記』岩波文庫 23:43 はてなブックマーク - []カエサル『ガリア戦記』岩波文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

 目次。

続きを読む

2013-03-11

[][][][]祖殷帝の宝剣~~『列子』新書漢文大系 明治書院 12:50 はてなブックマーク - 祖殷帝の宝剣~~『列子』新書漢文大系 明治書院 - 蜀犬 日に吠ゆ

 衛国の孔周が所持している三口(みふり)の聖剣。そして父と子の、復讐の物語。

続きを読む

[][][][]『炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール』(ケルト神話ファンタジー)ちくま文庫 12:09 はてなブックマーク - 『炎の戦士クーフリン/黄金の騎士フィン・マックール』(ケルト神話ファンタジー)ちくま文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

続きを読む

2013-03-02

[][][]三月二日 平凡で普通で当然 21:49 はてなブックマーク - 三月二日 平凡で普通で当然 - 蜀犬 日に吠ゆ

三月二日

平凡で普通で当然、と見えるものこそ世のまともな営みの筋金だ。

平凡なみんなが平凡な方法でめいめいみんなのくらしを耕す。

すると非凡な歓びが湧いてくる。

むのたけじ『一日一言』岩波新書
99歳一日一言 (岩波新書)

99歳一日一言 (岩波新書)

2013-03-01

[][][]三月一日 ふつう、通常、当然、当たり前 21:48 はてなブックマーク - 三月一日 ふつう、通常、当然、当たり前 - 蜀犬 日に吠ゆ

三月一日

ふつう、通常、当然、当たり前、そここそ人間生活の本通り。

この立場、この考えこそが人々みんなを結び合わせる。

偉ぶるもの、偉そうなものはみんなペテンだよ。

むのたけじ『一日一言』岩波新書
99歳一日一言 (岩波新書)

99歳一日一言 (岩波新書)