蜀犬 日に吠ゆ

2013-03-26

[][][]「この君」の話~~『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社 20:36 はてなブックマーク - 「この君」の話~~『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 『世説新語』より

任誕篇 第二十三

四六

 王子猷(おうしゆう)(注一)はあるとき人の空家に一時仮り住まいをしたことがあるが、すぐ竹を植えさせた。ある人がたずねた。

「しばらく住むだけなのに、なぜそんなことをする必要があるのかね」

 王子猷はしばらく嘯(くちぶえ)ふいてのち、竹をまっすぐ指しながらいった。

「一日とてこの君がなくてよかろうか(注二)」


  • 一 王子猷 王徽之(きし)(本篇三九節)。子猷は字。王羲之の子。
  • 二 一日として…… 原文は「何ぞ一日も此の君の無かる可(べ)けんや」とある。これが出典となり、竹のことを「此君」という。
『世説新語・顔氏家訓』中国古典文学大系 平凡社

 これを出典として「この君」などといっている人は、申し訳ありません、清少納言しか知りません。そこで『枕草子』を引っ張り出そうと思ったのですが、書棚を探して出て来たのは「桃尻」。うぅむ。と、半月ぐらいほったらかしていました。つい先日、『列子』をさがしていたところ岩波文庫版の『枕草子』がでてきたので忘れないうちにメモ。


(一三七)

 五月ばかり、月もなういとくらきに、「女房やさぶらひ給ふ」と、聲々していへば、「出でて見よ。例ならずいふは誰(たれ)ぞとよ」と仰せらるれば、「こは、誰(た)ぞ。いとおどろおどろしう、きはやかなるは」というふ。ものはいはで、御簾をもたげてそよろとさし入(い)るる、呉竹なりけり。「おい、(三)この君にこそ」と(四)いひわたるを聞きて、「いざいざ、これまづ殿上にいきて語らむ」とて、(一)式部卿の宮の源中將、六位どもなど、ありけるは往(い)ぬ。

 頭の辨はとまり給へり。「あやしくても往ぬる者どもかな。(二)御前(ごぜん)の竹を折て、歌よまむとてしつるを、おなじくは職にまゐりて、女房など呼び出できこえてと、もて來つるに、呉竹の名をいととくいはれて、往ぬるこそいとほしけれ。誰(た)が教へを聞きて、人のなべて知るべうもあらぬことをばいふぞ」などのたまへば、「竹の名とも知らぬものを。なめしとやおぼしつらん」といへば、「まことに、そは知らじを」などのたまふ。

(後略)

  • (一三七)長保元年
  • 三 この君―晉書、王徽之傳「嘗寄居空宅之中、便令種竹。或問其故。徽之但嘯詠指竹曰、何可一日無此君邪」。
  • 四 いひわたる―不審。能因本「いひたる」。
  • 一 式部卿の宮の源中將―爲平親王(村上天皇皇子)の二男、源頼定。長徳四年十月中將、寛弘二年六月蔵人頭。前出(四五)。
  • 二 御前の竹―清涼殿東庭の呉竹。
池田亀鑑校訂『枕草子』岩波文庫

 出典は『晋書』ということになっています。内容は同じですけれど。

中国古典文学大系 (9)

中国古典文学大系 (9)

枕草子 (岩波文庫)

枕草子 (岩波文庫)


 橋本訳も書いておきます。

第百三十段

 五月ぐらい――月もなくてすっごく暗いとこに、「女房はいらっしゃるかいな」って、声を合わせて言うから、「出て見といでよ。非常識な呼び方は誰なの?」っておっしゃるからさ、「ちょっと、誰よォ! すっごい大袈裟沢山にとんがってんのはァ!」って言うのね。

 ものも言わないで御簾を持ち上げて、ソヨロッって入って来るのは呉竹なんだったのね。

「あら、この君だったのか」って言ったのを聞いて、「よォよォ! こいつをまず殿上の間に行って話そうぜェ」ってさ、式部卿の源中将、六位達なんか、いたのは行っちゃったの。

 頭弁はお残りになったのね。

「なに考えてんだか、行っちまいやんの。”御前の竹を折って和歌読もうぜ”ってやってたのを、”どうせなら職の御曹司に行って、女房なんか呼び出してもらってさ”って持って来たのに、呉竹の名前をスゲェさっさと言われて行っちゃていうのがなァ、ホント、情けないよなァ。誰が教えんのを聞いて、人が普通知っていそうもないセリフをさ、言うのよ?」なんておっしゃるから、「竹の名前だなんて知らないもーん。”なめてる”とかお思いになったんでしょ」って言うと、「そうそう。そんなこと知らないんだ♡」なんておっしゃるの。

(後略)

(註:「またか」っておっしゃられるかもしれませんけどォ。自慢みたいでいやなんですけどォ、中国の王徽之って人が空家に住んでてね、一人じゃつまんないから、庭に竹を植えたんですって。それ以来、竹は人間の”お友達”なのよ。白楽天はさ、「竹は中がガラン洞で真っ直ぐだ」って――つまり心の中がきれいで姿勢がいいって、”師(せんせい)”扱いまでしたのね。藤原篤茂(あつもち)って人が、その白楽天のことを漢詩にして、「種エテ此君ト称ス」って言ってる。そのことなんだ。清涼殿の東の庭には呉竹の台って、竹を植えてあるとこがあるからね。それでみんなワイワイやってたんでしょ。)

橋本治『桃尻語訳 枕草子』中 河出文庫
桃尻語訳 枕草子〈中〉 (河出文庫)

桃尻語訳 枕草子〈中〉 (河出文庫)