蜀犬 日に吠ゆ

2013-08-06

[][][]八月六日 苦しみ悩む人をみて 19:30 はてなブックマーク - 八月六日 苦しみ悩む人をみて - 蜀犬 日に吠ゆ

八月六日

苦しみ悩む人をみて、気の毒だと走り寄っていたわる。その光景を見て、人々は「同情は美徳」という。本当にそうか。いたわる人は、やがて自分のいたわっている相手と自分とをつなげて考える。そして、「私はどのようなことがあっても、この人のような有り様にはならない」と相手と自分をと切断した時に安心して涙をこぼしながら、相手を一層いたわる。同情心は人と人との連帯を育てるものではなく、実は切断して切断しないフリをするものではないか。人と人の連帯を欲するなら、最初から一筋に連帯を通さないといけないのではないか。

むのたけじ『一日一言』岩波新書
99歳一日一言 (岩波新書)

99歳一日一言 (岩波新書)

 そういうこともあるでしょうけど、それは同情と呼ばないのではないでしょうか。