蜀犬 日に吠ゆ

2013-09-23

[][][]F・スターク『暗殺教団の谷』教養文庫 社会思想社 19:07 はてなブックマーク - F・スターク『暗殺教団の谷』教養文庫 社会思想社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 ゲームブックみたいな書名ですが、ノンフィクションです。

 目次を書き写してみると、ゲームブックみたいだ。

目次

まえがき
1 暗殺教団の谷への旅……11
  • 暗殺教団(アサシン)
  • 出発(たびだち)
  • 私の仲間たち
  • アムラート地方
  • 暗殺教団の谷へ
  • アムラート岩
  • アジーズの故郷
  • ネヴィール・シャー城
2 ラミアサルにある暗殺教団の城……60
  • モンゴルと暗殺教団の城
  • クルド人の村
  • いよいよ城へ
3 ソロモンの王座……81
  • シット・ザイナバルの墓
  • アラムートの医師
  • 村の生活
  • 三つの結婚式
  • 羊飼いの親方
  • 湯治場
  • ソロモンの王座
  • 森林から来た牧夫
  • 湯治場
  • カラール・ダシュトカラールの位置
  • ラーフー
  • チャールース川流域の一夜
  • ビージェノーの領主
  • シオリス峠を越えてターラガーンへ
  • シャー。ルード上流
  • テヘランまで
4 宝探し……210
  • バグダードの苦力たち
  • 財宝
  • 国境通過
  • 水のない山
  • 客人歓待の掟
  • 大山脈(カビール・クー)
  • ガラウでの夜
  • 部族生活
  • 不信心者の谷
  • ラルティー族の谷
  • ヒンディミニー族の谷
  • バニー・パルワル族の墓地
  • 逮捕される
  • 盗賊たちとの優しい出来事
  • ガラウへ戻る
  • アーフターブの森
  • プシュティ・クー地方の首府へ
  • プシュティ・クーの政庁
  • マンダリーへの道
  • ガンギールの谷
  • バグダードでの結末
 訳者あとがき……336
F・スターク『暗殺教団の谷』教養文庫 社会思想社

 なんというか、目次を書き写したら「読んだも同然」の安心感。全然読めません。

 なんで、イランの山中に「ソロモンの王座」?