蜀犬 日に吠ゆ

2013-09-27

[][]小川剛生『足利義満 公武に君臨した室町将軍』中公新書 00:20 はてなブックマーク - 小川剛生『足利義満 公武に君臨した室町将軍』中公新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

 目次を書き写してみます。

目次

はしがき
序章 ……3
  • 室町将軍の履歴書 義満の経歴 室町殿とは 儀式に熱中する室町殿 多彩きわまる事跡
第一章 室町幕府と北朝 ……15
  • 父母のこと 播磨への避難 斯波高経の幕政復帰 春日神木の入洛 後光厳天皇の親政 将軍親裁と中殿御会 政務譲与と受衣 頼之の執政 山門の嗷訴 公武交渉のルート 院政の挫折 最初の参内 猿楽流行・世阿弥の登場 日野業子との結婚 二品局宣子――もう一人の「母」
第二章 宇近衛大将という地位 ……46
  • 神護寺三像は室町将軍か 描かれた衛府太刀 肖像に潜む願望 大将にはなりたいが…… 武家大将への期待 空想の仮名日記 右近衛大将となる 排賀に向けて練習開始 大樹扶持の人 室町第の造営 排賀の日 義満像の和讃歌
第三章 武家にして内大臣 ……70
  • 康暦の政変 嗷訴の解決 宮廷行事の再興 室町第行幸 官位の推挙と武家家礼 任大臣節会と室町殿家司 相国寺の建立 公武の軋轢 聖蓮の至極 上臈局――治天の君と室町殿の媒介役 准三后と書礼礼義満の立場と評価
第四章 室町将軍の学識 ……96
  • 将軍の和歌 義満の狂歌 将軍の読書 四書の講読 室町殿文談と四書の末疏 和漢聯句の流行 至徳三年秋和漢聯句 「知」の基盤の共有 「唐物」と和漢聯句 「唐名」も和名の一種 年号と義満――韻鏡のいたずら
第五章 寵臣と稚児 ……124
  • 「愛悪掲焉、貧富顕然たり」 近衛道嗣との交流 洞院公定の反抗 飛鳥井雅縁の出家 二条為右の最期 「虎狼」か「大猿」か 随従する三門跡 青蓮院尊道 聖護院道意 三宝院満済 門跡文化圏 金襴の袈裟――装われる身体 囲繞する稚児 慶御丸と御賀丸 正徹と尭孝
第六章 地域権力の叛乱と掌握 ……152
  • 「関東の人謙遜太だ過ぐ」 公方と管領 「殷に三仁あり」 九州探題今川了俊 探題は将軍の分身 了俊の文学活動 「関東の事をば万事を聞かるる様に候」 守護と大名 「横暴な」大名と「弱腰の」将軍 義満の諸国遊覧 明徳の乱
第七章 応永の乱と難太平記 ……177
  • 西国大名の雄大内氏 鹿苑院西国下向記 義弘の驕慢 二条摂関家の没落 堺落城 平井道助の深謀遠慮 盛見の嗣立 了俊の召還 難太平記の難しさ
小川剛生『足利義満 公武に君臨した室町将軍』中公新書

 この辺がわからないと、コナン先生の「日本史は室町から……」というのはわからないのでしょう。学問の道は、遠い。

足利義満 - 公武に君臨した室町将軍 (中公新書)

足利義満 - 公武に君臨した室町将軍 (中公新書)