蜀犬 日に吠ゆ

2013-10-05

[][]近江俊秀『古代道路の謎』祥伝社新書 23:49 はてなブックマーク - 近江俊秀『古代道路の謎』祥伝社新書 - 蜀犬 日に吠ゆ

目次
  • はじめに
第一章 古代道路とは何か
  • 姿を現わした古代道路「駅路」
  • 駅路研究は新しい学問
  • 発掘された駅路とその特徴
  • いつ、誰が、何のために造ったのか
第二章 なぜ、造られたのか
  • 日本で最初の直線道路
  • 蘇我入鹿死す
  • 律令国家の改革
  • 想像を絶する土木工事
  • 白村江の敗戦と国土防衛
  • プロジェクトの停滞
  • 天智天皇の晩年
  • 天武天皇の専制政治
  • 地方の統治システム
  • 班田収受ためのハード整備
  • 日本史における天武朝の意義
  • 天武天皇の列島改造
第三章 奈良時代の交通制度
  • 古代の交通制度「駅制」
  • 駅制の成立時期
  • 駅路を所管した民部省
  • 駅制を所管した兵部省
  • 「駅家(うまや)」の経営
  • 駅家の構造
  • 納税の道としての駅路
  • 苛酷な納税の旅
  • 日本最初の街路樹
  • 旅行者の管理
  • 駅路の管理
  • 駅路を造る所轄官庁がない!?
第四章 古代道路の工法
  • 古代の測量技術
  • 現在の道路工法
  • 「古代道路の工法1」地盤を造る
  • 「古代道路の工法2」路盤を造る
  • 「古代道路の工法3」路面を造る
  • 「古代道路の工法4」側溝を掘る
  • 発掘された個性的な駅路
第五章
  • 地図から読み解く工夫
  • 古代の巨大勢力・吉備国(きびのくに)
  • 吉備国の分割
  • 古墳の近くに、国府がある理由
  • 国府の移動は、何を意味するのか
  • 国府、国分寺の立地と駅路の関係
  • 地名から、駅家を推定する
  • 地図から、条里割りを読み取る
  • 駅路と古代山城(さんじょう)
  • ふたつの駅路が存在する理由
  • 駅路と高速道路が似る理由
第六章 現代によみがえった景観
  • 山と谷を抜けて
  • 国分寺を仰ぎ見る
  • 王の墓が並ぶ道
  • 港が見える遠景
  • 国境に辿り着く
第七章 古代道路の見つけかた
  • 史料から探す
  • 雷を捕まえた男の話
  • 地図から探す
  • 地図と史料を組み合わせて探す
  • 航空写真から探す
  • 歩いて探す
  • 道路であることを確かめる
第八章 廃絶の謎
  • 駅路の維持・補修
  • 律令国家の変質
  • いっせいに規模が縮小
  • 駅路の廃絶
  • 古代道路から何を学ぶか

  • 参考文献
近江俊秀『古代道路の謎』祥伝社新書

[][]池田亀鑑『枕草子』岩波文庫 00:42 はてなブックマーク - 池田亀鑑『枕草子』岩波文庫 - 蜀犬 日に吠ゆ

二二一

 行幸にならぶものはなにかはあらん。御輿にたてまつるを見たてまつるには、あけくれ御前にさぶらひつかまつるともおぼえず、神々しく、いつくしう、いみじう、つねはなにともみえぬなにつかさ・姫まうちぎみさへぞ、やむごとなくめづらしくおぼゆるや。御綱の助の中・少將、いとをかし。

 近衛の大將、ものよりこdとにめでたし。近衛づかさこそなほいとをかしけれ。

 五月こそ世に知らずなまめかしきものなりけれ。されど、この世に絶えたる事なめれば、いとくちをし。昔語(ふかしがたり)に人のいふを聞き、思ひあはするに、いかなりけん。ただその日は菖蒲の藏人、かたちよきかぎり選りいだされて、藥玉(くすだま)賜はすれば、拜(はい)して腰につけなどしけんほど、いかなりけむ。ゑいのすいゑうつりよきもなどうちけんこそ、をこにもをかしうもおぼゆれ。かへらせ給ふ御輿のさきに、獅子・狛犬など舞ひ、あはれさる事のあらん、ほととぎすうち鳴き、ころのほどさへにるものなかりけんかし。

 行幸はめでたきものの、君達(きんだち)、車などのこのましう乗りこぼれて、上下走らせなどするがなきぞくちをしき。さやうなる車のおしわけて立ちなどするこそ、心ときめきはすれ。

小池田亀鑑『枕草子』岩波文庫
枕草子 (岩波文庫)

枕草子 (岩波文庫)