蜀犬 日に吠ゆ

2013-11-06

[][][]堂々完結!~~『愛… しりそめし頃に…』12 小学館 16:57 はてなブックマーク - 堂々完結!~~『愛… しりそめし頃に…』12 小学館 - 蜀犬 日に吠ゆ

『愛しり』堂々の完結!

 「さらばトキワ荘!」エンドでないことは、現実時間軸とのずれが生じていることからわかっていましたが、じゃあ「トキワ荘の青春よ 永遠なれ!」エンドかしら。という予想をくつがえしての完結。

 「なろう、なろう、明日なろう!」エンド。うーむ。

 今回のハイライトは、新連載を予定している「オバQ」に対する編集さんの反応が良かったので赤塚氏に自慢しようとしたら「おそ松くん」のアイディアを聞かされて「今までのギャグ漫画を破壊する」宣言を受けて言葉を失う。そこへ石森氏が登場して「サイボーグ009」の構想をぶち上げる、というシーン。なんでもないアパートの廊下で時代を代表する名作が次々と発表される……

 ここまで来るとちょっとついていけませんかね。そもそも「オバQ」は藤子作品ではないです。「オバQ」を出すなら、「スタジオ・ゼロ」設立エピソードがなければ(ならないでしょう)。フィクション度が強すぎてチャンネルが合わせづらい。連載終了間際なのでいろいろつめこもうとしているのでしょうが、(よんでいるこっちは)いろいろ困ります。

 最終回の時空嵐もひどい。昭和32年に手塚先生が小学館漫画賞を受賞。それをお祝いに行くついでに昭和33年建設の東京タワーに上るというパラドクス。しかも昭和32年てまだ干されたころからの恢復期じゃないですか。学年誌で使ってもらっていたころ。多分これは昭和37年の、藤子不二雄の受賞のころをイメージしているのでしょうけれども、混ぜすぎの感が否めません。

[][][]泉昌之『食の軍師』3 日本文芸社 18:14 はてなブックマーク - 泉昌之『食の軍師』3 日本文芸社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 3巻を入手。力石さんと仲良くなったら、結構のりのり。友達とはこういう接し方をするタイプなんですね。

食の軍師(3) (ニチブンコミックス)

食の軍師(3) (ニチブンコミックス)


[][]ヤス『じょしらく』1講談社 13:05 はてなブックマーク - ヤス『じょしらく』1講談社 - 蜀犬 日に吠ゆ

 つまんねー。いつもの久米田節なのですけれど、それゆえに「なんかちがう」感がつよい。もっとさきを読むと面白くなるかしら。久米田先生って連載中にチューニングしていくからなあ。

じょしらく(1) (ワイドKC 週刊少年マガジン)

じょしらく(1) (ワイドKC 週刊少年マガジン)