蜀犬 日に吠ゆ

2013-11-10

[][][]小なる章を読む(その23) 11:13 はてなブックマーク - 小なる章を読む(その23) - 蜀犬 日に吠ゆ

第二 小なる章

一二、ヴァンギーサ

三四八 風が密雲を払いのけるように、(この人)(ブッダ)が煩悩の汚れを払うのでなければ、全世界は覆われて、暗黒となるでありましょう。光輝ある人々も輝かないでありましょう。

三四九 聡明な人々は世を照らします。聡明な方よ、わたくしは、あなたをそのような人だと思います。われらはあなたを(如実に見る人)であると知って、みもとに近づきました。衆人集会の中で、われらのために(ニグローダ)カッパのことを明(あきら)かにしてください。


三五〇 すみやかに、いとも妙なる声を発してください。白鳥がその頸をもたげて徐(おもむ)ろに鳴くように、よくととのった円(まど)やかな声を徐ろに発してください。われらはすべて、すなおに聞きましょう。

三五一 生死を残りなく捨て、悪を払い除いた(ブッダ)に請うて、審理を説いていただきましょう。諸々の凡夫は、(知ろうと欲し言おうと)欲することをなしとげることができないが、諸々の全き人(如来)たちは、慎重に思慮してなされるからです。

三五二 この完全な確定的な説明が、正しい智者であるあなたによって、よく持(たも)たれているのです。わたくしは、さらにこの合掌をささげます。(みずからは)知りながら(語らないで、われらを)迷わしたもうな。智慧すぐれた方よ。

三五三 あれこれの尊い理法を知っておられるのですから、(みずからは)知りながら(語らないで、われらを)まよわしたりなさいますな。励むことにすぐれた方よ。なつに暑熱に苦しめられた人が水を求めるように、わたくしは(あなたの)ことばを望むのです。聞く者に(ことばの雨を)降らしてください。

三五四 カッパ師が清らかな行いを行って達成しようとした目的は、かれにとって空しかったのでしょうか? かれは、消え滅びたのでしょうか? それとも生存の根源を残して安らぎに帰したのでしょうか? かれはどのように解脱したのでしょうか、――わたくしたちはそれを聞きたいのです。」

三五五 師は答えた、「かれはこの世において、名称と形態とに関する妄執を断ち切ったのである。長いあいだ陥っていた黒魔の流れを断ち切ったのである。」五人の修行者の最上者であった尊き師はそのように語られた。

三五六 (ヴァンギーサいわく、――)「第七の仙人(ブッダ)さま。あなたのおことばを聞いて、わたくしは喜びます。わたくしの問いは、決してむだではありませんでした。バラモンであるあなたは、私をだましません。

中村元『ブッダのことば』岩波文庫
ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)