蜀犬 日に吠ゆ

2013-12-16

[][][]金谷治訳注『大学・中庸岩波文庫 「第一章」 20:08 はてなブックマーク - 金谷治訳注『大学・中庸』岩波文庫 「第一章」 - 蜀犬 日に吠ゆ

第一章 凡そ三節

 自天子以至於庶人、壱是皆以脩身為本、基本乱而末治者否矣、其所厚者薄、而其所薄者厚、未之有也、此謂知本、此謂知之至也、

 天子より以て庶人に至るまで、壱(いつ)に是れ皆身を脩むるを以て本と為す。その本乱れて末治まる者は否(あら)ず。その厚かる所(べ)(可)き者薄くして、その薄かる所(べ)い者厚きは、未だこれ有らざるなり。此れを本を知ると謂い、此を知の至(きわ)まりと謂うなり。

金谷治『大学・中庸』岩波文庫
大学・中庸 (岩波文庫)

大学・中庸 (岩波文庫)