蜀犬 日に吠ゆ

2014-01-23

[][][]大いなる章を読む(その23) 19:51 はてなブックマーク - 大いなる章を読む(その23) - 蜀犬 日に吠ゆ

第三 大いなる章

五、マーガ

五〇八 (マーガがいった)、「誰が清らかとなり、解脱するのですか? 誰が縛せられるのですか? 何によってひとはみずから梵天界に至るのですか? 聖者よ、お尋ねしますが、わたくしは知らないのですから、説いてください。尊う師は、わたくしのあかしです。わたくしは今梵天をまのあたり見たのです。真にあなたはわれらにとっては梵天に等しいかただからです。光輝ある方よ。どうしたならば、梵天界に生まれるのでしょうか?」

五〇九 尊き師は答えた、「マーガよ、三種の条件を具えた完全な祀りを実行するそのような人は、施与を受けるにふさわしい人々を喜ばせる。施しの求めに応ずる人が、このように正しく祀りを行うならば、梵天界に生まれる、とわたくしは説く。」

このように説かれたときに、マーガ青年は師にいった、「すばらしいことです。ゴータマ(ブッダ)さま。すばらしいことです。ゴータマさま。あたかも倒れた者を起すように、覆われたものを開くように、方角に迷った者に道を示すように、あるいは『眼ある人々は色やかたちを見るであろう』といって暗闇の中で灯火をかかげるように、ゴータマさまは種々のしかたで真理を明らかにされました。だから、わたくしはゴータマさまに帰依したてまつる。また真理と修行僧のつどいに帰依したてまつる。ゴータマさまはわたくしを在俗信者として受け入れてください。今日からいのちの続く限り帰依いたします。」

中村元『ブッダのことば』岩波文庫
ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)